アンドロイド関連ニュース

ドコモの“激安タブレット”端末 「dtab」が初日で完売

最初にお断りしておくがこれはエイプリルフールネタではない。3月27日に発売されたドコモのタブレット端末「dtab」が思わぬ好評な滑り出しとなっている。初回出荷分はほぼ1日で完売状態。Twitter上には既に、

「昨日届いたdtabをいじっているが、コスパ良すぎるなこりゃ」
「ドコモを10年使ってきて、初めて良かったと思いました(笑)」

と、絶賛の声が上がっている。現在、ドコモのオンラインショップで販売が行われているほか、4月中旬にはドコモショップなどで店頭販売が開始される。


dtabは10.1インチのタブレット端末。1280×800という解像度はやや粗く感じるものの1.2GHlzクアッドコアCPUにメモリが1GB、おまけにmicroSDカードが使えるという充分な性能を持つ。ネット接続はWi-Fi通信のみでドコモの回線契約は必要ない。もちろん、ドコモサービス以外にGoogle Playも利用可能だ。通常価格は25,725円だが、ドコモユーザーでspモード契約、dビデオを6か月間契約を行うことで9,975円のキャンペーン価格で購入できる。「この端末はドコモからのプレゼントだ」というユーザーの声があがるのもうなづける。

なお、購入手続きにはコツがあるという。

「dtabを購入するなら月初めの日がベストです。spモード、dビデオの契約は契約日から翌月末日までを1か月目としてカウントされます。例えば4月1日に購入すれば10月中に解約することで7か月分で済みますが、4月2日以降に購入すると、11月1日以降に解約しなければ違約金が発生してしまうのです」(PC雑誌編集者)

さらに、安く購入できるのはドコモユーザーだけと思いきや、他キャリアのユーザーでも安く購入する方法はあるという。

「手っ取り早い方法としてはヤフオクなどのネットオークションでの購入ですね。発売当初は2万円近くでしたが、現在は17,000円前後まで落ちてきました。ドコモユーザーの場合でもspモード、dビデオの7ヶ月分の料金を合わせると合計15,855円かかるわけですが、オークションであればそれと同等の安さで購入できるわけです」(同・編集者)

電気通信事業者協会のデータによれば、昨年11月にドコモのMNPによるユーザーの転出は約19万件と過去最大を記録。それ以降も毎月10万人ペースでユーザーの転出が起きている。昨年、ドコモの加藤薫社長は「段階を踏んで米アマゾンのようになっていく」と発言。dビデオなどの動画配信のほか、通販サービス「dショッピング」で日用品や野菜の販売なども開始した。dtabはそんなドコモのサービスを拡大する一手と期待されるが、ドコモのサービスが利用されずにdtabばかり売れる、ということにならないことを祈りたい。(岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト