アンドロイドアプリレビュー

世界が熱狂する「100万のタマゴ」アプリ 日本の個人開発者のアプリが620万DLを達成

ただひたすらタマゴを叩くだけ、という意味不明な内容ながら、全世界で累計600万DL超えという凄まじい人気のスマホのアプリがある。その名は「100万のタマゴ」。iOS及びアンドロイド向けにリリースされ、日本の個人開発者のアプリながら、海外を中心に大ヒットを飛ばしている。

ゲーム内容は、スマホの画面の中のタマゴを叩く。ただそれだけ。叩くたびに100万からカウントが減ることと、タマゴにちょっとずつヒビが入っていく以外は何も起きない。通勤の電車の中で叩き、自宅でテレビを見ながら叩き、歩きながらポケットの中で叩き、疲れたら手を代えて叩き……といった具合に、とにかく叩きまくる。アプリ説明文には「『誰もやりたくない』アプリ登場」とあるように、タップ100万回というのは絶望的な数字であり、まさに苦行の世界となっている。

しかし、これが海外で大ヒットを飛ばしている。ツイッターでもグループでプレイしている様子の写真がアップされるなど反響を呼び、3月24日には、Android版、iOS版合わせて620万ダウンロードを記録したという。なお、国内では12万ダウンロードだが、海外で608万ダウンロードとなっており、日本の個人開発のアプリとしてはとんでもない記録を打ち立てたことになる。国別の内訳を見ると、最もダウンロード数が多いのが韓国の約163万ダウンロード。ついでドイツが約112万、スペインが約77万、オランダの約50万、イスラエルの約28万と続く。まさしく世界中でプレイされているアプリなのだ。

ツイッター上では、

「おもしろくないはずなのにハマってしまってすでに3万回叩いた…」
「なんでこんなアホなことしてるんやろ」

といった声が続出。ユーザーレビュー欄には、たまごを叩くテクニックも披露されているが、筆者としては人差し指と中指を交互にタップする、シューティングゲームで”ピアノ打ち”と呼ばれる技が使えると感じた。

そんな具合に、世界中で人気の究極の暇つぶしアプリと言える「100万のタマゴ」。気になるのは、100万回を叩き終わった後、タマゴに一体何が起こるのかだが、その衝撃的結末についてはあえて、ここでは触れないことにしておこう。どうしても見てみたい人はYouTubeで「100万のタマゴの結末」という動画を検索してみよう。(岡嶋佑介)

post-54237_t

100万のタマゴ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Bye Bye Game

おすすめサイト