アンドロイドアプリレビュー

“殺人スモッグ”PM2.5から身を守るアプリ 「大気汚染予報」がDL数急増中

空気清浄機が飛ぶように売れている。中国から飛来する“殺人微粒子”PM2.5による健康不安が高まる中、都内の家電量販店では空気清浄機の売上が「前年の2倍以上。一日に30台売れる日もある」という。PM2.5は粒子が非常に小さいため通常のマスクで防ぐことが出来ず、健康への影響が大いに懸念される。

そんな中、PM2.5の濃度が毎日チェックできるアンドロイドアプリ「大気汚染予報」が登場。DL数は1ヶ月で1万を突破している。中国からは黄砂が飛来する量も増えており、それに伴ってPM2.5の濃度が濃くなる可能性も高い。こういったアプリの需要はまだまだ高まっていきそうだ。

このアプリは、九州大学応用力学研究所が提供している大気汚染観測サイト「SPRINTARS」の情報を元に日本の大気汚染状況を表示するウィジェット。「汚染」と「黄砂」の項目に分かれており、PM2.5については「汚染」の項目をチェックするといい。

予測は「少ない」から「非常に多い」の4段階で示されており、「非常に多い」で「注意喚起レベル」となる。実際に1週間分の予測を確認してみたところ、九州地方や中国地方では「非常に多い」となっている日が週に2~3日あることが確認できた。これらの地方は特にPM2.5の影響が強い地域と言われるが、その実態と危機感がこのアプリで感じ取れた。

自分の居住する地域を登録し、アラートを設定することも可能。また、動画のコーナーでは大気汚染物質が日本に飛来し、列島を包み込む様子が確認可能で、その様子を見るとゾッとさせられる。

EXドロイドでは既に、環境省の観測システム(そらまめ君)を利用してPM2.5の汚染状況を確認できるアプリ「汚染地図 (日本のPM2.5)」を紹介したが、「大気汚染予報」はさらに詳細な情報と通知システムを備えたアプリだと言える。ユーザーレビューでは、

「健康を考え、多い日は外出を控えるよう参考させております」
「子供の散歩の予定時間を決めるのに、大変助かっております。私自身も呼吸気管が弱いので、このアプリは必須です」
「家族に伝えました。これからどんどん増えてくるので、皆に使える様にしました」

といった具合に、特に子を持つ親からの賞賛の声が多数見られた。PM2.5の飛来は、少なくとも5月末までは続くと言われている。アンドロイドアプリ「大気汚染予報」で毎日状況をチェックして、しっかりと対策を行っておきたい。(町田大士)

post-53880_t

[PM2.5]大気汚染予報[黄砂]

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,健康/生活
価格 無料
デベロッパ名 Sinwa Electric Corp.

おすすめサイト