アンドロイドアプリレビュー

ググってはいけない“危険ワード”を集めたアプリ 「絶対にググるな!」が人気急上昇中

2chやそのまとめブログを閲覧したことのある人は、「絶対にググッてはいけない」という言葉を見たことがないだろうか。グロテスクな画像やオカルトな話、精神的な不安をあおるサイトなど、Googleで検索する際は「閲覧注意」「自己責任で」といった注意書きが添えられたものだ。

今回紹介するアンドロイドアプリは「絶対にググるな!ググッてはいけないランキング!」というもの。タイトル通り、ググると危険なキーワードに解説が添えられ、ランキング形式で紹介している本アプリは既に数十万DLを突破している。

アプリを起動すると、画面下部に「危険ランキング」と、五十音順のカテゴリが表示される。危険ランキングは全ての語句を集計した順位となっており、まさにキング・オブ“危険キーワード”と言える。

試しに13位の「終わらない夏休み 猟奇小説」をタップしてみると、「文章系ではググッてはいけないNO.1」とのこと。右下の「ググる」ボタンから検索すると、さっそくその内容が表示された。絶世の美少女・眉子(15)に、同級生3人が火や水、電気に刃物など、あらゆる手段で拷問の限りを尽くすという、「エログロの極み」とも言える内容。吐き気すら催すほど残虐な描写に加え、眉子の生々しい絶叫、救いのない結末など、フツーの神経の持ち主ならとても完読できそうにない内容だ。

また、五十音順の表示を試してみると、タイトルに危険度レベル(1~5)や解説、検索ボタンというインターフェースが現れる。試しに危険度1の「青いクレヨン」という都市伝説をググッてみたが、これも十分恐ろしい話で、就寝前に読むと悪夢にうなされそうな気がした。本アプリのユーザーレビューを見てみると、

「気分悪くなるけど、 ついつい見てしまう…(笑) 苦手な人はやめたがいいよ!」
「見るの怖いし、お風呂とか怖くなるけど、面白くて興味本位で見てしまいます(^_^;)」
「サイコーヾ(≧∇≦)友達に見せてびびって遊んでた」

といった具合に、恐怖に駆られつつも、つい閲覧してしまうという中毒性の高さが伺えた。

“ググってはいけない”語句といっても、画像や文章などその種類は様々だ。ネットユーザーの意外なニーズに着目したアンドロイドアプリ「絶対にググるな!ググッてはいけないランキング!」の今後に注目していきたい。(斉藤栄孝)

おすすめサイト