アンドロイドアプリレビュー

元AKB・前田敦子の“顔面をゲーム化”したアプリ 「あっちゃんをさがせ」が話題に

元AKBの前田敦子と言えば、最近は芸人・キンタローのモノマネが大プレイク中。AKB在籍当時は“絶対的センター”として君臨していた前田は、顔のパーツが中央に寄っていることから、ネット上では“顔面センター”と呼ばれ、「( ∵ )」の顔文字で表現されることがよくあった。篠田麻里子は、Google+内でこの顔文字を使用。

「この中に一人だけ敦子がいます。♪♪┌(∵)┘♪└(∵)┐♪ ┌( ∵ )┘♪└(∵)┐♪♪ どーれだっ♪」

これに対し前田敦子も、

「わ朝起きてびっくり!! 私のいないところで 麻里子めー:(」

と返すなど、本人も「( ∵ )」で表現されることを認めていた。そんな顔文字をネタにしたアンドロイドアプリ「あっちゃんをさがせ!」が密かな人気となっている。このアプリは30秒の制限時間内に、様々な顔文字に混じった( ∵ )を探し出し、タップするというもの。単純な内容ながらアイデアの秀逸さにハマってしまう人が続出している模様だ。

トップ画面内の「はじめる」をタップしゲームをスタート。ユーザーに与えられたミッションは(^・^)や(;〇;)などの顔文字に混じって現れる、( ∵ )を正確にタップすること。紛らわしい顔文字が多数表示されるので、かなり集中して取り組む必要がある。

30秒たつとゲームは終了、ランキング形式でスコアが表示される。何回か挑戦してみたが、筆者の最高記録は14回とあまり芳しいものではなかった。コツとしては、あまり画面に顔を近づけ過ぎす、少し引き気味で全体的を眺める姿勢で臨んだ方が良いということが言える。

最近では“丸坊主謝罪”の峯岸みなみをネタにしたアプリ「丸坊主カメラ」が登場し、アプリ業界からも熱い注目を注がれているのがAKBの周辺事情。今回紹介したアンドロイドアプリ「あっちゃんをさがせ!」以外にも、さらなるAKB関連アプリが登場することを期待したい。(斎藤栄孝)

post-52664_h

あっちゃんをさがせ!

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,エンタメ,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Yuichiro Endo
Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

おすすめサイト