アンドロイドアプリレビュー

スマホの起動画面を変える“画期的アプリ” 「2nd HOME」の実力

登場から2ヶ月足らずで、そのダウンロード数は5万件に迫る勢い。圧倒的高評価を獲得したAndroidのランチャーアプリが「2nd HOME」だ。カラフルでスタイリッシュなこのアプリは、“スマホの起動画面の新たなスタンダードになる”との評判だ。

スマホのホーム画面をカスタマイズするランチャーアプリには様々なものがあり、EXドロイドでは過去に「Lightning Launcher」や「フリップランチャー」などを紹介してきた。そんな激戦区で熱い注目を浴びる「2nd HOME」の実力はどれほどのものなのだろう。さっそく試してみた。

「2nd HOME」は11マスのタイルで構成され、そこによく使うアプリを登録していくもの。登録できるアプリは11個だけ、と聞くとやや少ない印象も受けるが、デベロッパーによると「ユーザーが日常的に使用するアプリは10個程度」とのことで、シンプルな操作性と画面の見やすさがこのアプリの大きな特徴となっている。

ランチャーへのアプリの登録手順も簡単で、空いているタイルを選択してアプリを選択するだけ。誰もが直感的に使用でき、タイルの色も指定できるので、視覚的にも見分けやすい。

また、現在時間やバッテリー残量を確認したり、Wi-FiやBluetoothのON/OFF、ディスプレイの明度やボリュームの変更など、さまざまな設定も行える。メモリクリーナー機能も搭載されているので、スマホの動作が重くなったときに、手軽に対処することも可能だ。

ユーザーレビューを確認してみると、

「デザインも良く動作も軽く、かなりいい感じです」
「何をしててもサッと使いたいアプリを起動できる♪」
「動作も速くホーム画面スッキリできて使いたいアプリがすぐ使える」

と絶賛の声が相次いでおり、“有料でもいいので広告のないバージョンを出して”という声もあがるほどだ。

十分な機能を搭載しながらもスッキリしたデザインに仕上げたアンドロイドアプリ「2nd HOME」は、数あるランチャーアプリの中でもバツグンに使いやすいアプリと言える。ユーザーの声を取り入れつつ、さらに進化していくことを期待したい。(matt)

post-52550_t

2nd HOME

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 telemarks.co.jp

おすすめサイト