アンドロイド関連ニュース

ドコモは6月にiPhoneを発売する!!? 海外有名ブログが発信した「大胆予測」

ドコモからいよいよiPhoneが発売される!……昨年から何度もこの噂は報道されてきたが、今度は海外の有名ブログからそれを裏付ける話が飛び出した。さらに、親会社であるNTTの社長まで、ドコモのiPhone導入について言及。ドコモ版iPhoneがいよいよ現実味を帯びてきた。

今回の騒動の発端となったのはウォール・ストリート・ジャーナル系列のアメリカの投資情報誌「BARRON’S」のブログ。投資会社ジェフリーズ・アンド・カンパニーのアナリスト、ピーター・ミセク氏の話として下記のようなコメントを掲載してる。

アップルは現在iPhone5の生産数を減らしている。これは3月に製造を開始する新モデル、iPhone 5Sの発売に向けての動きだ。新しいiPhoneを販売するキャリアとしては、ドコモと中国移動通信が期待されている。6月か7月にドコモはiPhone 5Sを発売し、中国移動通信は廉価版iPhoneを発売するだろう

ピーター・ミセク氏は、過去に「シャープがアップルから液晶ディスプレイを大量に受注した」と第一報を報じた人物。言わば投資業界の”アップル番”ともいえるアナリストだ。この情報に対しネット上では、

「何度となく報道されているが、いよいよなのか?」
「どうせ…と思いつつもイチイチ気になるよね」
「日経以外から出てきたという意味ではすごいけど、元の記事で語っているのは投資家なので、信頼性はあまりないかも」

といった声が寄せられた。さらに2月7日の日本経済新聞は、競合他社がiPhoneで攻勢をかけ、ドコモのユーザーが転出している状況に関し、NTTの鵜浦博夫社長のコメントとして「ドコモの決定を尊重するが、利用者のニーズに応えることも必要」という発言を掲載した。昨年10~12月のドコモのMNPによるユーザー転出は約53万件にものぼる。ドコモは今年1月にも転出超過でユーザー数が純減するなど、auやソフトバンクに対し「一人負け」の状況が続いている。親会社のNTTがしびれを切らすのも無理もないと言えるだろう。

ピーター・ミセク氏の推測が正しいとすれば、ドコモは今年の夏モデルでいよいよiPhoneを発売するものと考えられる。これまでの「ドコモのiPhone出る出る詐欺」と揶揄された日々もようやく終わりを告げるのか。今後の動向に注目していきたい。(岡嶋佑介)

引用:Apple Cuts iPhone 5 Production Ahead of ’5S’ Says Jefferies(BARRON’S)

http://blogs.barrons.com/techtraderdaily/2013/02/13/apple-cuts-iphone-5-production-ahead-of-5s-says-jefferies/

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト