アンドロイドアプリレビュー

夫婦で“1億円稼いだ”アプリの続編 「Temple Run2」がDL数急増中

公開2週間で1000万DLを突破し、世界的大ヒットとなっているゲームアプリが「Temple Run 2」だ。アメリカ人夫婦が開発した前作「Temple Run」は、なんと100万ドル(1億円)にものぼる収益をもたらしたという。まさに、スマホのアプリでつかんだアメリカンドリームと言えるだろう。

このアプリをリリースしたのはKeithとNataliaという米国人夫妻と、友人のデザイナーによるデベロッパー「Imangi Studios」。黒いモンスターに追われる主人公を操作して、走り続けるというシンプルなゲーム性と美麗なグラフィックが多くのユーザーを魅了し、1作目の「Temple Run」は世界で1億7000万DLを超えるヒットとなった。

アメリカンドリームと言われるゆえんは、その関連ビジネスの盛り上がり。ディズニー映画「メリダとおそろしの森」とコラボした「Temple Run」が開発されたり、ゲームを元にしたコミック作品も登場。さらにカードゲームも発売されるなど関連商品が次々にヒットを飛ばし、世界的に成功を収めているのだ。

そんな具合に一大ムーブメントを築き上げた「Temple Run」は、スマホのゲームに「エンドレスラン系」という新しいジャンルまで確立してしまった。亜流ともいえるゲームが多数リリースされ、海外では「Agent Dash」が500万ダウンロードを突破。日本でも、当サイトで「便意を抑えて疾走するアプリ」として紹介した「トイレダッシュ」が100万DLを突破する人気となっている。前作を超える高度なグラフィックが追加され、ゲームとしての奥行が増した「Temple Run 2」のユーザーレビュー欄を見てみると、

「無料でここまでハマれるゲームは、そうそうないかと」
「やばいです トロフィーってかオブジェクトですか?あれ集めるのが楽しすぎて楽しすぎて」
「前作もやってましたが今回のは機能が増えてより面白くなってます!」

と、絶賛の声が多数書き込まれ、Temple Runブームはまだまだ続きそうだ。

夫婦二人がわずか4ヶ月で制作したゲームが、ここまでの成功を収めたというのは驚異的だ。「ただ走り続ける」というシンプルなアイデアから生まれたゲームアプリ「Temple Run 」は、誰もがアプリで大きく稼げる可能性があることを教えてくれる。今後、第二、第三の「Temple Run」のようなゲームが登場することを期待したい。(matt)

post-52194_t

Temple Run 2

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Imangi Studios

おすすめサイト