アンドロイドアプリレビュー

ドコモが本気出したメール管理アプリ「CommuniCase」 ソーシャル連携も開始で話題に

アンドロイドスマホでは通常、spモードメールなどのキャリアメールとGmailが利用できるのは周知のとおり。だが、それぞれキャリアメール専用のアプリとGmailアプリで別々に受け取っている、もしくはどちらかのメールしか使っていない、という人が大半だろう。そこで、複数のメールアドレスを一括管理できるアンドロイドアプリ「CommuniCase」が役に立つ。

まずメールアカウントを登録する必要があるが、ドコモ(spモードメール)とGmailのアカウントは複雑な設定をする必要がなく、すぐに一括管理できるようになるため非常に使いやすい。また、Gmailで過去に受信したメールもすべてCommuniCaseで読めるようになるため便利だ。

そして、このアプリの最大のメリットと言えるのが、自宅や勤務先のPCメールアドレスなど、複数のメールアカウントを一括して登録・管理できること。これまでは会社のデスクや自宅のPCで受け取っていたメールを一括してスマホで管理できるので、非常に効率的と言える。

さらに、プラグインである「SNS in CommuniCase」を導入すればFacebookやTwitterのやりとりも一括してチェックできるなど、単なるメールクライアントの枠を超えたコミュニケーションツールとして活用することが可能。「CommuniCaseスキン」を利用すれば、自分好みの色(navy blueFarmAcierBrunの4色が利用可能)にアプリを着せ替えて楽しめるなど、カスタマイズ性の高さも人気となっている。

実際に筆者はspモードメール、Gmailに加えて勤務先で使用しているメールを登録してみたが、使うアプリがひとつで済むのはかなり便利といえる。また、登録したアカウントはそれぞれの別のタブで確認できるほか、「統合」タブですべてのアカウントに届いたメールを一括確認することもできる。

メールの右側にはアカウントのタブと同じカラーが表示され、どのアドレス宛のメールなのかを即時に判別可能。これなら重要度の高いメールを見落としてしまったり、返信し忘れるといった事態も未然に防ぐことができそうだ。

CommuniCaseはリリースから約9ヶ月。最新のアップデートにより「アプリの強制終了」などの不具合も解決されるなど、ユーザーからのフィードバックを反映し、着実に進化を遂げている。アプリのコメント欄を確認してみると、

「spメール&gmailを複数登録して愛用してます!普段はメール受信にしか使わないので凄く重宝してます」
「SNSと連携したので1発でFacebookやTwitterを呼び出せるようになりました」
「電話帳のグループでフィルターが設定できるのがいい」

といった具合に、愛用者からの声が相次いでいる。ドコモのスマホユーザーにとってspモードメールは連絡手段の要と言えるサービス。そのspモードメールを軸に、コミュニケーションの輪を広げていくアンドロイドアプリ「CommuniCase」の進化に大いに期待したい。(町田大士)

post-51721_t

CommuniCase

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,コミュニケーション,ツール
価格 無料
デベロッパ名 NTT DOCOMO

おすすめサイト