アンドロイドアプリレビュー

300万本突破の「どうぶつの森」 “便乗アプリ”も大ヒットの予感!!?

現在、爆発的な人気を呼んでいるニンテンドー3DS用ゲームソフトが「とびだせ どうぶつの森」だ。昨年末から年明けにかけて、生産が追いつかないほどの人気となり、300万本近くを販売する記録的ヒットとなった。ファンの間では通称・とび森と呼ばれるこのゲームはどうぶつ達が暮らす村の村長となり、スローライフを楽しむという内容。その完成度の高さや中毒性で、世代や性別を問わずハマる人が続出している。

そんなとび森人気に便乗するかたちで登場したのが、今回紹介するアンドロイドアプリ「とびだせ どうぶつの森 マイデザインツール」。ゲーム内で自分で描いた絵を“マイデザイン”として使用できるのが、とび森の人気の理由の一つだが、このアプリを使えばそのマイデザインを、スマホ内の画像からゲーム内にカンタンに取り込める。意外なニーズを満たすアプリとして人気を呼び、既に1万DLを超すヒットとなっている。

アプリの操作は、スマホ内に入っている画像を指定するだけ。デザインの大きさは任意で指定できるので、細かい画像を忠実に再現したいなら大きいサイズを指定しておこう。

画像を選ぶと自動的に減色され、とび森で使える画像が作成される。この状態でメニューから「QRコードに変換」を選ぶと、とび森で読み込めるQRコードが生成される。ただし、3DSでQRコードを読み取るには、とび森内で「エイブルシスターズ」の“あさみ”と会話し、仲良くなっておく必要があるので事前に準備しておこう。ユーザーレビューを見てみると、

「自分で書けないデザインをサササーとQRコードにできるのでとても便利!!」
「今まで3DSとニラメッコしてた時間返してほしいです。この神アプリがあればちょちょいのちょいですね! 」
「このアプリは、任天堂の『マイデザインは3DSでペンを使って描いてほしい』という思惑まで越えてしまったアプリだと思います」

とかなりの高評価。ライト層にウケているとび森用のツールとして、お手軽さがうまくマッチしているのが人気の要因といえる。

まだまだ売れ続けているとび森。通信機能で他の人の村に遊びに行くこともできるので、このアンドロイドアプリ「とびだせ どうぶつの森 マイデザインツール」で、村に訪れた人を驚かせるようなデザインを作ってみるのもいいだろう。(町田大士)

おすすめサイト