アンドロイドアプリレビュー

癒し系ボーカロイド“蒼姫ラピス”の快眠アプリ 「おやすみラピス」が高評価

VOCALOID3の新音声ライブラリとして登場した、“癒し系ボーカロイド”として注目を浴びているのが蒼姫(あおき)ラピス。アニメ制作会社・スタジオディーンによる企画「i-style project」により生まれたラピスは、「身長150mmの妖精の歌姫」というコピー通り、憂いのある透き通った声が特徴。CV(キャラクターボイス)は一般オーデションから選ばれ、渋谷駅の街頭ビジョンでラピスによる時報が聞けるなどのプロモーション活動も話題を呼んでいる。

そんなラピスと一緒に羊を数える快眠アプリが「おやすみラピス」だ。羊の数を当てるミニゲームや、目覚ましアラームモードなど、就寝から目覚めまでをサポートするこのアプリは既に、「かわいすぎて寝られない」といった声がレビュー欄に書き込まれるなど、大ヒットの兆しを見せている。

アプリを起動すると、オルゴールの子守唄調のメロディにのせてラピスが登場。「おやすみラピス」「ひつじでラピス」「おはようラピス」の3つのモードが用意されているが、ここではまず「おやすみラピス」をタップしてみる。

羊が右から次々に登場し、それをラピスが甘い声でカウントしてくれる。10匹カウントし終えるごとに、

「ひつじがもう10匹もきましたよ? まだおきてるのかな」
「ひつじは今30匹です。モフモフですよ~」

と、語りかけながらカウントが続くので、聴いているだけで自然と瞼が重くなってきてしまう。100匹を数え終わると自動的にアプリが終了するので、眠ったは良いが延々続くラピスの声で、再度目が覚めるということもない。

また、画面右上の設定からアラームを設定することも可能。「じかーんですよー、起きないと、遅刻しちゃいますよ~」「ラピスが、アラーム時間をお知らせします」などなど、多様な6種類のボイスが選べるので、眠りの浅い人は弱めの声、深い人はその逆と、それぞれ好みに合わせてカスタマイズするといいだろう。

そんな具合に、ボーカロイド好きな人はもちろん、近頃どうも寝つきが悪いという人にぜひ試してみて欲しいアプリが「おやすみラピス」と言える。(斎藤栄孝)

post-50030_h

おやすみラピス

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,健康/生活,萌え
価格 無料
デベロッパ名 株式会社サーファーズパラダイス

おすすめサイト