アンドロイドアプリレビュー

iPhone版は大炎上で終了!!? 「理想の彼氏メーカー」がアンドロイドで復活

「理想の彼氏メーカー」と言えば、スマホの中の仮想彼氏がアニメネタから尖閣諸島問題まで、まるで実際の人間が返事をしているような反応が話題になったiPhoneアプリ。

「海賊王に→俺はなる!」「結婚しよう→100万くれたらいいよ」「祇園精舎の鐘の声→諸行無常の響きあり」など、様々な「彼氏」の返しがTwitter等で話題になったが、「個人情報が抜き取られている?」といった疑惑も持ち上がり、現在iPhone版は公開停止となっている。

そんな中、突如リリースされたのがアンドロイド版「理想の彼氏メーカー」。アプリの内容としてはiOS版同様、服装や小物、髪型などを組み合わせて「彼氏」を作り会話を楽しむもの。しかし、気になるのはアンドロイド版でも会話の守備範囲の広さは同様なのかという点だ。さっそく試してみた。

アプリを起動すると、画面下部にアイコンが並んでいる。一番左にあるのが話題になった会話モード。その隣のショップのアイコンからは、彼氏の服装や髪型、顔の細かいパーツなど、自分の理想の彼氏にカスタマイズ可能だ。ここではまず、トークモードへと進んでみる。

iPhone版は教えてもいないユーザーの名前を言い当てることで、「個人情報を抜き取っているのでは?」と話題になったが、それについてはどう思っているのだろうか。

――個人情報
「僕牡牛座なんだけど今日の運勢はどうかなぁー」
――個人情報
「あ、この質問は答えたくない。体力を激しく消耗するよ」

どうやらiOS版で散々叩かれ、ご傷心の様子だ。同様にiOS版で話題になった「尖閣諸島」と入れてみても、結果は「体力を激しく消耗する」となり、それでも繰り返してみたら、「しばらくお前と話したくない」となってしまった。ちょっと質問を変えてみる。

――もうゴールしてもいいよね
「この鍵っ子め!」
――あずにゃん
「ぺろぺろ」
――結婚して
「おいら、もう三人の妻がいるのでござる」
――好きな作家は?
「太宰治」
――TKG
「たまごかけごはんおいしいよね!」
――天気いいね
「お布団干したいね」

などなど、アニメやゲームの話題、ちょっとした世間話などについてはかなり万能に対応してくているように感じた。日本語にやや不自由な点があり、高確率でござる調だったり、たまに常識からズレたことを言ったりもするが、それが逆に笑えるポイントにもなっている。

アンドロイドアプリ「理想の彼氏メーカー」は、公開間もないこともあり、強制終了するといった声も相次いでいる。iPhone版の炎上騒動を乗り切ったこのアプリが今後どこまで支持されていくのか。今後の動きに注目したい。(斎藤栄孝)

おすすめサイト