アンドロイド関連ニュース

エクスペリア最新モデル「Xperia acro」が登場間近!!?

まだ正式には発表されていないものの、コードネーム「Akane」、「Azusa」と呼ばれていたXperiaシリーズの最新モデルが、「Xperia acro」という名称で、NTTドコモとauで発売されることが明らかになった。ソニーエリクソン製のPCソフト「PC Companion」(XperiaやXperia arcをPCに接続するとインストールできるマウントソフト)において、Wi-Fi接続に対応している端末のリストの中に「Xperia acro IS11S」、「Xperia acro SO-02C」という文字と画像が見ることができる。ISシリーズといえばご存じのとおりauのモデル番号、SO-01CがXperia arcであることからもう片方はNTTドコモであることがわかる。


PC Companionによる画像。たしかにXperia acroの文字が見える

ソニーエリクソンのサイトには、IS11SのUser Agent Profile(携帯電話の端末機器の情報をXML形式で公開しているサイト)がすでにあり、IS11Sが実在モデルであることはほぼ間違いないといえそうだ。ここから読み取れる情報としては、”ハードキーボードなどは搭載していない”、”ディスプレイサイズはFWVGA(480×854)”、”OSバージョンは2.3″ということが判明している。

これがIS11SのUser Agent Profile。内部ビルドなので、閲覧用にはなっていないが、「IS11S」と表示されているのがわかる

真偽は定かではないが、Xperia acroの背面のリーク画像。Xperia arcよりも若干厚くなるというウワサも……

以前にも、日本経済新聞のWeb版にも「ドコモも3月末までに世界販売モデルを発売するが、KDDIは電子決済サービスの「おサイフケータイ」などの機能を搭載して特徴を打ち出す」と流れたり(その後削除されている)、ドコモの新製品発表会(2月24日)において山田社長が「ワンセグやおサイフケータイに対 応したXperia」に言及していることから「Xperia acro」がワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信などの機能を搭載した「Xperia arc」の派生モデルである可能性が非常に高いだろう。

家電量販店のスタッフによると「先日の地震にあたって、”やはりワンセグ機能は便利だ”という ことで、Xperia arcの予約をキャンセルしてMEDIASを買われたお客様も数名いらっしゃいます」という例もあり、いわゆる”ガラケー機能”の搭載はスマートフォンを初めて買う人にとっても大きな後押しとなることは間違いない。発売時期は不明だが、早ければ5月にも発売される可能性があるという。auユーザーによっては夏モデルの大本命と もいえそうなXperia acro。正式な発表が待たれるところだ。(岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト