アンドロイドアプリレビュー

損保業界のスマホ戦略 「ドライブレコーダー」アプリを無料公開する理由

このところ、カーオーナーが欲しいものランキングで毎回上位に入っているのがドライブレコーダー。その機能を気軽に試せるアプリとして注目されているのが、今回紹介するアンドロイドアプリ「Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー」だ。このアプリは、前方の風景を映しつつ、大きな衝撃を検知すると、その前後10秒間を自動的に記録する機能を持つアプリ。

さらに、前方車両に接近しすぎると警報が鳴るシステムや、車の加速度方向を常に監視し、運転終了後に安全運転度を診断もしてくれる機能も搭載。それで無料というのだから驚きだ。

リリース元は損保業界大手、損保ジャパン。アプリの使用にあたっては、前方視界が確保できる場所に据え付け、スマホを適正な角度をセットするだけという簡単なもの。

あとはスタートを押してドライブを開始すればいい。もしも、不運にも事故に遭ってしまった時は、アプリがその際の動画を自動的に記録。録画完了後にすぐ警察への連絡、救急の依頼、保険会社への連絡などを促してくれる仕様になっている。

また、無事にドライブが終わったら、車両の前後加速度の記録から自分の安全運転度を診断してくれたり、GPSの記録からドライブした道のりを振り返ることが出来るのも楽しい。

同種のアプリとしては当サイトでも紹介した「スマ保『運転力』診断」があるが、こちらも損保業界大手の三井住友海上のアプリ。保険業界が先を争ってスマホアプリに参入するのは、何か理由があるのだろうか。

事故に遭ってしまった時、必ず揉めるのが過失割合の判定です。交差点での事故などでどちらに過失があるのか、当事者の証言が食い違う場合、なかなか示談交渉が進まなくなります。しかし、映像が残っていれば、そんな状況も一発で解決できるので、保険業界としてもドライブレコーダーの普及を促進したい思惑があります」(保険業界関係者)

なるほど。単にスマホがブームだから参入しているという訳ではなく、業界としての思惑もあったわけか。しかし、そんな事情はさしおいても、これだけの高機能が無料で試せるというのはありがたい。週末のドライブの際などにぜひ試してみたいアンドロイドアプリが「Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー」だと言える。(蟹斬九郎)

おすすめサイト