アンドロイドアプリレビュー

“おっさんホイホイ”すぎるソシャゲ「プリンセスマリアネット」 松本零士キャラ勢ぞろいで話題に

11月末にはついにドコモが参入すると報じられているように、まだまだ成長を続けているソーシャルゲーム市場。若い世代のユーザーが多い市場ではあるが、課金率で見ると高年齢層が高いというのも有名な話だ。

そんな中年スマホユーザーの間で大きな話題になっているソーシャルゲームが「プリンセスマリアネット〜松本零士 記憶のかけら〜」だ。アンドロイドアプリはすでに1万ダウンロードを突破し、着実にファンを虜にしている。
プリンセスマリアネット松本零士記憶のかけら_1プリンセスマリアネット松本零士記憶のかけら_2
「プリンセスマリアネット」は、メーテル、鉄郎、キャプテンハーロックなど、松本零士作品の人気キャラが勢ぞろいするカードゲーム。「銀河鉄道999」などの有名作品のキャラクターだけでなく、「男おいどん」や「元祖大四畳半大物語」といったマニア心をくすぐる作品まで、個性的なキャラクターが多数登場し、松本零士ワールドを堪能できる。

基本的なストーリーは、惑星を旅して色々なキャラクターたちとボスを倒していくというもの。宇宙空間や宇宙船内など、SF作品には欠かせないイラストが多数使われており、松本零士の世界観にひたりながらゲームを楽しむことができる。
プリンセスマリアネット松本零士記憶のかけら_3
プレイ中の最大の醍醐味は、「電子結合」と呼ばれるキャラ同士の合成だ。特定のキャラクターのみ可能な「電子結合」は同じカードを合成することで、新しいキャラに生まれ変わる仕組みだ。獲得したカードは「アルバム」にコレクションされ、いつでも楽しめる。

「銀河鉄道999」のアニメ放送開始は1978年のこと。子供の頃、大好きだったキャラを集められるこのゲームはソーシャルゲームに縁遠い中年スマホユーザーの心をも揺さぶる、おっさんホイホイな注目作と言える。

今なら初回ボーナスとして2,000円相当のアイテムやガチャチケットをゲットできるので、無料でも十分に楽しめるようになっている。この機会に「プリンセスマリアネット〜松本零士 記憶のかけら〜」で、松本零士ワールドに浸ってみてはどうだろうか。(EXドロイド編集部)

おすすめサイト