アンドロイドアプリレビュー

メタボ腹を本気で凹ますアプリ 「365日 腹筋アプリSitApp」の実力

食欲の秋と呼ばれる今日この頃。普段からメタボ気味だった腹まわりが、さらにヤバいことになっている人も多いのではないだろうか。そんなスマホユーザーにぜひ活用してほしいアンドロイドアプリが「365日 腹筋アプリ SitApp」だ。

腹筋系のアプリと言えば当サイトでは既に「萌え系筋トレアプリ『ねんしょう!』」なども紹介してきたが、当アプリの場合、iPhone版が「続けるための 腹筋アプリ」として70万DL超えのヒットを記録。そんな、「真面目な腹筋アプリ」のアンドロイド版の実力はどんなものなのか? さっそく検証してみよう。

アプリを起動したらまず「Start」部分をスライドさせ、腹部の上に載せて腹筋を開始する。すると、端末内の角度センサーにより、腹筋回数がカウントされていく。この際、しっかり体を起こさないと1回としてカウントされないので、怠けることは許されない。初期状態では、1日10回腹筋すると、効果音とともに「Congratulation!」と表示され、ノルマクリアとなる。

右上の設定ボタンをタップすると、設定画面を開ける。この画面で、腹筋する回数などを設定可能だ。無料で試せるのは1日1セット×15回までだが、アップグレードキット(115円)を購入すると、最大20セット×500回まで増やせるようになる。まずはその効果を試してみてから、有料版を購入するといいだろう。

また、Twitterと連携させて腹筋記録を「#365daysApp」というハッシュタグ付きでツイートすることもできる。Twitter上には、すでに多数のユーザーによる腹筋記録が投稿されている。

「今日で腹筋10日目! 続けてます」
「天気が良くないので、一日中引きこもったまま腹筋しました」
「今日から頑張るので、忘れそうだったら優しく『痩せろデブ!』と声をかけてね」

といったコメントがあり、多くのユーザーが腹筋に励んでいる様子がうかがえた。自宅でおっさんが黙々と腹筋するというのは孤独な行為だが、ソーシャルで共有することで、励みにもなるだろう。また、しばらくアプリを起動していないと、ホームに画面に腹筋を催促するメッセージが表示されるといった工夫もあるので、忘れやすい人でも安心だ。

メタボ腹が気になるアンドロイドユーザーは「365日 腹筋アプリ SitApp」を試してみよう。(ぺおこ)

post-48019_t

365日 腹筋アプリ SitApp

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,健康/生活
価格 無料
デベロッパ名 Tee-App

おすすめサイト