アンドロイドアプリレビュー

Google幹部も驚いた“迷惑電話撃退アプリ” 「WhosCall」が世界300万DLを突破

スマホの画面に誰からの着信か分からない番号が表示されている….。そんな時に素早くその電話番号の関連情報を表示し、迷惑電話に出てしまうのを未然に防げる。そんな優れたアンドロイドアプリが「だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否(WhosCall)」だ。台湾のデベロッパーにより開発されたこのアプリは、現地のアプリ大賞も受賞。Googleのエリック・シュミット氏もその機能に感嘆したというからオドロキである。この300万ダウンロードを超える人気アプリが、2012年10月にようやく日本語版として登場した。

インストールするとスマホ本体やグーグルアカウントの電話帳、発着信した電話番号などのデータを読み込む。着信があるとそれらのデータと照合し、相手先の情報を表示して知らせてくれる。世界標準対応なので日本や米国、イギリスなどの国名も表示される。不在着信があった場合でも詳細な情報を後で確認できるほか、電話帳データとは別に、アプリ内だけのタグやコメントを電話番号に付加できるので、相手先ごとに履歴を管理することも可能だ。

電話に出られない場合は、着信したその場で「仕事中です」「運転中です」などの各種バリエーションから選択した定型文をSMSで送信できるので、重要な取引先にも失礼が無い対応ができる。また、電話番号を指定してあらかじめ着信拒否リストに登録する事も可能だ。

ユーザーレビューには、

「前からこんなアプリがないかなぁと思っていま したが、本当にあって驚きました。」
「スマホのマストアプリです!電話帳、着信拒否と、とても重宝してます。」
「知らない電話番号からかかってきたとき、相手が誰か分かってすごく便利でした!」

と絶賛のコメントが並ぶ。ただし、「バッテリー消費が上がった」という声も少なくないので、まずは試してみたほうがいいだろう。アプリ説明文によると、このアプリは「これまで3億回以上の電話番号を割り出した実績がある」とのこと。SNSや他アプリでバラ撒き過ぎた、自分の電話番号を守る最後の砦となるかもしれないアプリ「だれ電 電話帳・電話番号検索・着信拒否(WhosCall)」。気になる人はまず試してみてほしい。(松本圭)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

オススメ記事

  1. 50万DL突破の「ファルキューレの紋章」が“発禁アプリ”とコラボ!!? 目押しで乳を揃える「おっぱいスロット」の中毒性
  2. 世界初の「不倫専門SNS」として話題沸騰の「アシュレイ・マディソン」 アプリ版もDL数急増中
  3. LINE障害でナゼかau批判が発生 キャリアとアプリの関係が理解できないユーザーたち
  4. 狂気のアイドル育成ゲーム「49人目の少女」 主人公の少女が“ブサイクすぎる”と話題に
  5. スマホと育児をめぐる議論が活発化 人気アプリ「鬼から電話」を“児童虐待”と指摘する声も
  6. もはや社会問題に発展したLINE“既読スルー”問題  既読を回避するアプリ「ちらみ」が高評価
  7. 堀江貴文氏の食への執念がつまったアプリ「テリヤキ」が公開 「収監前に通った高級焼き鳥店」も掲載
  8. キンドル1周年で盛り上がるエロ電子書籍 “アマゾンの本気”が伝わる「成人コミック」注目度ランキング
  9. 女子高生とシェアハウスで同棲する“禁断の恋愛ゲーム” 「うちカノ」のパズルアプリがDL数急増中
  10. “アップル嫌い”を公言する個人開発者が作ったTwitterアプリ 「ツイッターするやつ」が人気の理由
  11. 超難解パズル満載の“脱出系エロゲー” 「透け透けアンブロック」が脳トレに使えると話題に

おすすめサイト