アンドロイドアプリレビュー

「LINE」を超える“出会い系”アプリ 「Cubieメッセンジャー」が200万DLを突破

「LINE」を筆頭に最近はシェア争いが激化しているコミュニケーション系のアプリ。そんな中、台湾のデベロッパーからリリースされ、アジア圏を中心に2ヶ月で200万ダウンロードという爆発的な勢いで人気を獲得しているアンドロイドアプリが「Cubieメッセンジャー」だ。同種のアプリでは先日、DeNAが「comm」をリリースしたり、「カカオトーク」にヤフーが資本参加するなどの動きも出ているが、短期間で若いユーザーを一気に取り込んだこのアプリは「LINE」に次ぐ、台風の目になる可能性を秘めている。

Cubieメッセンジャーの特徴はあえて音声通話には対応せず、テキストや手書きのイラストでのメッセージのやりとりに特化した点。チャット画面からは音楽や画像、写真などの共有も可能。LINEで人気のスタンプ機能もあり、アニメGIFのように動く面白いスタンプが多数用意されている。レビューをチェックしてみると、

「曲も1曲まるまる送れるし、楽しいです♬」
「らくがきを送りあえたり、他のSNSにはない機能が魅力的。デザインもカスタマイズ性があっていいですね」
「lineよりいいかも。使ってる人が少ないのが残念」

といった具合に、既に新しもの好きのユーザーから高い支持を得ていることが分かる。マイクで録音したメッセージを送信する「ボイスメッセージ」機能や、「お絵かきしりとり」など、新奇なサービスがゴッタ煮的につめこまれている点が楽しく、女子ウケ度が高いのも納得できる。

筆者も実際にCubieメッセンジャーを試してみたところ、手書きのメッセージのやり取りは思いのほか便利で楽しめた。ユーザー数はまだまだ数少ないが、レビュー欄には、

「友達になりましょー ×××(ID)ですっ」

といった具合に、さっそくIDをさらして友達募集をするユーザーの存在も多数確認できた。LINEと同じく「出会い系」アプリとしての成長も期待できそうな「Cubieメッセンジャー」の今後に注目していきたい。(町田大士)

おすすめサイト