アンドロイド関連ニュース

スマホが変えるエロのトレンド 急成長の「アダルト配信」でユーザーの性的嗜好にも変化が!!?

成長を続けるスマホ市場のなかでもひときわ活況なのが、アダルトコンテンツ産業だ。先日、サイトの大幅リニューアルを行なった「HBOX.JP(エイチボックスドットジェイピー)(旧:「ケータイ動画館」)によると、「エロを求めるアクティブなユーザーは、携帯からスマホへ着実に移行しつつある」という。

2007年4月に「携帯でアダルト動画が楽しめるサービス」としてスタートした「ケータイ動画館」は2010年5月にスマホ版を開設。当初はAndroidのみの対応だったが、今年6月にiPhone版をリリース。
「iOS版は開設から5ヶ月足らずで、数万人の会員様にご利用いただいています。特にiPhone5発売以降の伸びは著しく、前月比の約2倍の規模で会員が増加中です」(運営元:アイポイント担当者)

アンドロイド版の売上も含め、「スマホでの売上がガラケーを完全に追い抜いた」ことを機に、同社はサービス名称を「HBOX.JP」に改め、全面リニューアル。スマホでの快適視聴を最優先したサービスでさらなる会員獲得を目指す。

アダルトと言えばメインの顧客は男性と思いがちだが、同社によると「以前からユーザーの約3割が女性」という興味深いデータが出ている。

「AVでは“イケメン男優”系の作品が人気。BLやTLも女性ユーザーから着実な支持を受けています。一人あたりの購入金額は女性のほうが男性よりも高く、月に数万円分を購入いただくユーザーさんもいます。ハマればとことん愛用していただけるのが女性ユーザーの特徴です」(同・担当者)

同社では現在、3万本以上のアダルトビデオを配信中。男性ユーザーの動向を見てみると、最近は「エロゲー」(成人向けゲーム)とアダルトコミックの2ジャンルが大人気だという。

「最初はアダルトビデオが目当てでやってきたお客さんが、徐々に2次元のエロに目覚めていく傾向があります。昨年はAV女優・小向美奈子のデビュー作が大ヒットしましたが、人気AV女優目当てで会員になったユーザーが、気がついたらエロゲーをプレイしているという状況が見えてきました」(同・担当者)

これまでは「一部のマニアのためのもの」という印象が強かったエロゲーが、スマホの影響で一般レベルにまで浸透しつつあるとしたら、非常に興味深い話だ。

そんな具合に、スマホの普及は今やネットユーザーのエロのトレントにまで変化をもたらしつつある。当サイトでは引き続き、拡大を続けるスマホ向けのアダルトサービスの今後に注目していきたい。(EXドロイド編集部)

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト