アンドロイド関連ニュース

大コケで終了の朝日新聞のTwitter連動企画 「socialA」のトホホな内容

朝日新聞社が10月19~21日の「新聞週間」に実施したソーシャル連動企画「socialA」が大コケの模様となっている。これは同紙が「紙面につぶやきをプラスして、新たな価値をお届けする」と題して行なった、次世代の新聞プラットフォームのあり方を模索する試み。

デジタル版の紙面から数ページをサンプルとして無料掲載し、記事と関連したTwitterのつぶやきを表示させるというもの。PC版とアプリ版「socialA by 朝日新聞」(Android/iOS)で実施されているが、これがどうにもお粗末な出来なのだ。

というのも、Twitterと連動したつぶやきを投稿できるのは朝日新聞の記者や「socialA委員」なる“有識者”の29人のみ。ソーシャルを謳っておきながら朝日側が選出した、模範ユーザーしかつぶやけないというのは、あまりにも閉鎖的過ぎるのではないか。これではテレビが起用するお仕着せのコメンテーターと大差ない。もしくは身内で開催している感想文の発表会である。

ちなみに「有識者」として名を連ねるのはジャーナリストの田原総一朗氏をはじめ、歌人・俵万智、経済評論家・山崎元、精神科医・香山リカ、SBIホールディングス代表取締役社長・北尾吉孝といった面々。有名ブロガーのちきりん氏なども参加しているので、一般ユーザーでも言いたいことがあれば、彼らのアカウントに意見を寄せることもできるが、それはこの企画には反映されないというガッカリな仕様だ。ソーシャルの意味を履き違え、大企業にありがちな「攻めに出たのはポーズだけで、本質はゴリゴリの保守的」な体質がモロに見えている。

朝日新聞社は独自の閲覧アプリ「朝日新聞デジタル for Smartphone」などもリリースしているが、「読みにくい」「課金への誘導が鬱陶しい」などと、評判は芳しくない。先行する「日本経済新聞 電子版」を意識してのことと思われるが、経済情報という強みがある日経に比べ、一般紙である朝日がどこまで有料会員を獲得できるかには疑問が残る。

ちなみに、「socialA」の最終日である10月21日夜、Google Playストアでアプリの評価を調べてみたところ平均評価は4.0だが、インストール数は「500~1,000」の範囲。ユーザーレビューも、わずか一件しか投稿されていなかった。(町田大士)

››町田 大士の記事一覧

町田 大士

クルマ雑誌、PC雑誌の編集を経てフリーライターに。いろいろふらふら書いている。使用端末はXperia→Xperia arc→Galaxy S IIIと変遷している、わりと初期からのAndroidユーザー。Twitter:@write_machida

おすすめサイト