アンドロイドアプリレビュー

2ちゃん発の“泣ける物語” 「ゲーセンで出会った不思議な子の話」がアプリで登場

今年1月、ある物語が2ちゃんねるのVIP掲示板に書き込まれた。物語は男性の語り口調で4日間にわたって掲載され、すぐに話題となり、複数のまとめブログに転載された。今回この物語がアンドロイドの無料アプリ「ゲーセンで出会った不思議な子の話【2ch発の泣ける話】」となって登場した。

内容は「サンドウィッチマン富澤似の大学生」の“俺”が、ゲーセンで「吹石一恵似のキャスケット帽をかぶった美大生」に出会うところから始まる。彼女は平日の日中にも関わらず、いつも一人でゲーセンに来て、格闘ゲームをプレイしていた。

俺は彼女に話しかけ、徐々に仲良くなっていく。しかし、彼女はなかなか心を開いてくれない。そんなある日、彼女からメールを受け取る。そこには「そろそろ、大きな勝負が待っています。勝ってみせるよ」という文面が綴られていた。

実は彼女は余命1年の「若年性卵巣ガン」だった。“勝負”というのは手術のことで、それから二人は残り少ない時間をともに過ごしていく……という切ないストーリーだ。

「ゲーセンで出会った不思議な子の話」は2ちゃんねるに留まらず、GLAYのHISASHIや、元FIELD OF VIEWの浅岡雄也、物語の中にも出てくる10-FEETのTAKUMAなどのミュージシャンや、声優・田村ゆかり、セクシー女優の成瀬心美や佐山愛など、各界の著名人のツイッターを通じて、大反響を巻き起こした。「モテキ」で大ブレイクした漫画家の久保ミツロウは、

「実話の要素をどれだけ盛り込んでこの話作ったのかが期になりますね!私は主人公の妹が彼女を家に連れてくるからニヤニヤとしたメールを送るというとこで創作だなーと思いましたよ!語り口はうまいっすな!!」(原文ママ)

とツイート。脚本家の北川悦吏子は、

「2チャンのゲーセンの話は、もう相当に有名らしいね。どうか、映画会社とかが、目をつけないといいね。目をつけてもいいのか。でも、その後のいろいろを私なんかは考えてしまうのですよね。」と発言している。

本サイトでは以前、同様に2ちゃんねるの書き込みから一大ムーブメントを巻き起こした「風俗行ったら人生変わった」を紹介したが、こちらはすでに小学館から単行本化されており、映画化も決定している。果たして、この物語「ゲーセンで出会った不思議な子の話【2ch発の泣ける話】」は、どのようにメディア展開されてゆくのだろう? 今後の動向に注目したい。(佐々原渉)

おすすめサイト