アンドロイドアプリレビュー

おっぱいでアジアに平和を 大人気アプリ「おっぱいソムリエ」が中国進出を表明 

女のコのおっぱいの大きさを当てるアンドロイド向けのゲーム「おっぱいソムリエ」が好調だ。8月にリリースされた第一弾は既に35万ダウンロードを突破。ランキングでも無料カジュアルゲーム部門で一位を記録し、あの「なめこ栽培」を抜いたことでも注目を集めた。9月にリリースされた続編「おっぱいソムリエ PREMIUM」も公開から10日で5万DLを突破する快進撃を続けている。

「おっぱいソムリエ」は、スマホの画面に表示された女のコのバストサイズを見極めるゲーム。シンプルな内容ながらハマるとやめられなくなる「中毒性の高さ」が特徴だ。ユーザーのおっぱいを見抜く力、「乳眼力」が22級から1級までランクづけされ、合格証書が授与されるのだが、この合格証書をツイッターに投稿して自慢するユーザーが激増中だ。ユーザーレビューを確認してみると、

「これはハマる。楽しい」
「一度はインストールしておきたいアプリですな」
「かわいい。 たまにエロい」
「女の私でも何故かハマった」

と、男子のみならずスマホ女子の間でも人気が高まっていることがうかがえる。

「女性ユーザーからは一部の画像について『これでFカップとか、サバ読み過ぎ!』といった厳しい指摘も出ていますが、それもやはり人気の証拠。飲み会の席などで、みんなでやって盛り上がるケースもあるようです」(リリース元)

第一弾には百数十点の画像が収録されていたが、「ぜんぶ暗記してしまった」というユーザーも多く、第二弾の「おっぱいソムリエ PREMIUM」では、画像を200点以上に増強。37名のセクシー女優が登場するが、新人の神谷まゆちゃんや星野ナミちゃんなど、となりのお姉さん的な親しみやすさが魅力の美少女たちの写真で、さらにユーザーの支持を集めている。

そんな具合に、早くも「本年度最も成功したおっぱい系アプリ」との呼び声も高い「おっぱいソムリエ」だが、今後の展開はどのように考えているのだろうか?

「10月上旬にはあっと驚く有名グラビアアイドルらを起用した第三弾を予定しています。さらに、11月には韓国や台湾、中国などのアジアの美少女を起用した『おっぱいソムリエ ASIA』の企画が進行中です。このところ、領有権問題で中国や韓国との関係がギクシャクしていますが、おっぱいを通じて少しでもアジアが平和になればいいなという思いもあります」(同・リリース元)

そんな具合に、ついにアジア進出の夢を語りはじめた「おっぱいソムリエ」。ちょっと調子に乗りすぎなんじゃね? と思う読者もいるかもしれないが、2005年の中国の反日デモの際には、当時「Fカップ小学生」としてブレイクしたグラビアアイドル・紗綾が、中国の掲示板で大人気となり、「反日運動を止めた日本人美少女」として話題になった経緯もある。

また、最近でも蒼井そらが中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」で1300万人のフォロワーを集めるなど、おっぱいの“ソフトパワー”を利用した、「おっぱい和平」の実現は決して夢物語では無いのかもしれない。単なる「おっぱいアプリ」の枠組みを超え、スマホ発の新しいムーブメントになりつつある「おっぱいソムリエ」の今後に注目していきたい。(EXドロイド編集部)

おすすめサイト