アンドロイド関連ニュース

法廷闘争に明け暮れるアップルは「絶滅する恐竜」だ

東京地裁は8月31日、アップル対サムスンの法廷闘争で、アップルの訴えを退ける判決を下した。ネット上では「日本はサムスンの味方をするのか」、「どこからの圧力なのか?」という声も聞かれたが、今回の争点は、アメリカでの訴訟とは全く別のものだった。今回の訴訟のポイントは「メディアプレーヤーコンテンツとコンピューターの情報を同期化する方法」についてのアップルの特許を、サムスンが侵害したとされるもの。

「同期技術に関する訴訟は日本でしか起こされていません。東京地裁は”サムスンの同期技術はアップルのものよりも単純だ”ということで判決を下しました。サムスンよりアップルの同期技術のほうがレベルが上なので、特許侵害とは言えないという判断です」(PC雑誌編集者)。

しかし、この判決に対するアップルの控訴の可能性も残されているほか、日本でも画面のスクロールに関するものなど、アップルはサムスンに対し他に4件の特許訴訟を起こしている。完全決着に至るまではまだまだ時間がかかりそうだ。

一方、サムスンに対して10億ドル超の損害賠償を命じる判決が下ったアメリカでも、当初の「サムスンのボロ負け」という見方が徐々に変わり、「この判決はサムスンに有利なのかもしれない」という見方も広がっている。

米国在住のジャーナリスト瀧口範子氏は、ニューズウィークのコラムで「サムスンが一般消費者に”あのアップルと互角に闘える韓国メーカー”というイメージを植えつけたことは大きい」と指摘。また、元アップルの松井博氏もブログで「この判決がギャラクシー=iPhoneと裁判所が証明したようなもの。(中略)10億ドルなんてたいした金額じゃありません。むしろ手頃な広告費用かもです。」と記している。

EXドロイドでは先週の記事「アップルがサムスンに勝利 それでもAndroidの優位は揺るがない」でも書いたように、世界のスマホのシェアではサムスンがアップルに圧勝している。日本では数機種しか発売されてないGalaxyシリーズだが、アメリカでは訴訟対象になった製品だけで27機種が発売されている。しかも、そのほとんどがiPhoneの半額で購入できる。裁判所がお墨付きを与えた「iPhoneと同等の機能を持つスマホ」が、本家の半額で入手できるならば、逆に人気が高まっても不思議ではない。

ビジネスの歴史をひもとけば、法廷闘争に明け暮れた大企業が結局のところ、消費者にそっぽを向かれ、撤退を余儀なくされた事例が山のようにある。ノキアは2009年にアップルを米国際貿易委員会に提訴し、約2年をかけて勝訴したが市場はサムスンとアップルに奪われた。インスタントカメラメーカーのポラロイド社は1970年代に、イーストマン・コダックを相手に特許訴訟を起こし、16年をかけて8億ドルの賠償金を受け取ったが、結局のところ破産した。

英紙「ガーディアン」のMichael Wolff氏は「訴訟と特許戦争に明け暮れる大企業は、衰退していく恐竜のようなものだ」と皮肉った。アップル信者たちは裁判の勝ち負けに一喜一憂しているが長期的に見れば、これはアップルが恐竜のように絶滅する、「終わりのはじまり」なのかもしれない。(岡嶋佑介)

画像引用元:Communities Dominate Brands http://communities-dominate.blogs.com

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト