アンドロイドアプリレビュー

禿オヤジが可愛い防災アプリ「ズラッシュライト」が“使える”と評判

禿オヤジが周囲をまぶしく照らす、懐中電灯アプリがアンドロイドに登場した。その名も「ズラッシュライト」。9月1日の「防災の日」に合わせてリリースされたという遊び心たっぷりのアプリだが、シンプルな操作性で、なかなか実用的な仕上がりと言える。

起動すると、さっそく不自然な七三分けをしたお父さんが登場。どこか哀愁を帯びた表情の彼の下部のボタンをタップすると、特撮ヒーローが変身する時のような「シュピーン!」という音と共に、ヅラがはずれて禿頭がピカッと光る、という仕組みだ。もちろん、画面上のみならず、LEDライトも点灯するので、懐中電灯としての機能も十分に果たしている。

また、禿オヤジのカツラの種類をメニューから変更することも可能。標準の七三分けに加え、アフロ、ロン毛と三種類のバリエーションが選べる。「オプション」からは、バイブレーションや効果音のオン・オフ切り替えも可能になっているので、気分に応じてカスタマイズすると良いだろう。

9月を迎え、「防災の日」から一週間は、防災週間として様々な国民活動が行われる。そんな状況下でリリースされた本アプリ「ズラッシュライト」も、災害への備えを意識させるという意味で、それなりに存在価値のあるアプリと言えそうだ。(斉藤栄孝)

post-44017_h

懐中電灯ズラッシュライト

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 KINOKO.LAB

おすすめサイト