アンドロイド関連ニュース

新型「レグザフォン」は地雷スマホではない!!?  価格.comの満足度ランキングではナント1位に

先週当サイトで掲載した記事、「アンドロイド端末 買ってはいけない『地雷モデル』には、大きな反響があった。それほど多くの人がAndroidスマートフォンの不具合にストレスを感じていた証でもあるだろう。当サイトでは、かつて「REGZA Phoneがあまりにもひどすぎて大人気に!!?」という記事もあり、「東芝レグザフォン」をワースト1位としたが、これに対しネット上から多くの反応があった。

「レグザフォンは『買って損した物』、ぶっちぎりの1位で堂々の殿堂入り」
「確かにメールは受信しないし、電話をかけるのにも待ち時間が発生するのはおかしいとは思ってた…」
「『家電批評特別編集スマートフォン完全ガイド』でREGZA Phoneが格付けAクラスだったので買ったのだが…以来、同雑誌は立ち読みで済ますようになった」
「レグザフォンって一部のガジェオタがアアアッってするための端末であって、一般人が買うものではない。ペプシのきゅうり味とか買ってまずいってマジギレするのと同じくらい滑稽」



そんな具合に賛同の声が多かったものの、当然ながらこれは、あくまで偏った見方にすぎない。誤解なきように言っておくと、誰もが認めた地雷スマホ「東芝レグザフォン」はすでに旧機種となっている。東芝は携帯事業を手放し富士通の完全子会社となったため、最新レグザフォンは東芝製から富士通製へと切り替わっているのだ。

そして、現在の富士通レグザフォンは「それほど悪くない」といった声も多い。東芝レグザフォンのユーザーは信じられないかもしれないが、最新のレグザフォン「T-02D」は、なんと価格.comの満足度ランキングで、1位になっているのだ。

「先代は不具合だらけで心配しましたが、本機では不満らしい不満はありません」
「発売前の試験機ではボロクソに言われていた本機ですが、製品版ではきっちりした仕上がりになっています」
「過去のTシリーズは不具合スマホという事で、様子を見ていましたが、大丈夫そうなので購入しました」

レグザフォンはもともと、カメラの性能や基本的なスペックは評価されていた機種だけに、フリーズや再起動などの不具合が無くなった最新モデルの評判は意外に良い。さらに、指紋認証を搭載し、ワンセグ、おサイフ、赤外線といったガラケー機能も揃っているなど、魅力のあるモデルに仕上がっている。最新のAMOLEDディスプレイを採用し、「NOTTVや地デジもレグザならではの高画質で楽しめる」と評価するユーザーも存在する。

これほど完成度が高いのであれば、不具合の多かった「レグザフォン」を名乗るのはやめて、新しいシリーズ名にしたほうが良いのではとも思えるが、東芝の携帯事業は歴史があるだけに簡単に切ることはできなかったのだろう。しかし、被害者からすると「レグザフォン」というだけで近寄りたくないのも事実だ。カカクコムの掲示板には、

「T-02Dが良いか悪いかはともかくとして、富士通東芝製品を向こう10年は私が買うことはないでしょう」

というコメントも残っている。

最後に、先週の記事において、富士通のレグザフォンを使っているユーザーに不安を感じさせる内容になってしまったことについて謝罪したい。「東芝レグザフォン」をワースト1位としたが、最新の「富士通レグザフォン」は地雷スマホではない。全てのレグザフォンが地雷だと思うのは間違いなのだ。とは言うものの、大きくつまづいてしまった「REGZA」ブランドが、今後、信頼を積み重ねていくことに注目していきたい。(秋原とおる)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト