アンドロイドアプリレビュー

トヨタ純正ナビを超えた操作性!!? カーナビアプリ「NAVIelite」(3800円)が高評価

1年間の期限付きで3800円という高価格にもかかわらず1000ダウンロード以上の実績を上げているアンドロイドアプリがあるのをご存知だろうか。そのアプリこそ「NAVIelite(ナビエリート)」というカーナビアプリだ。高価格でも売れる「NAVIelite」の実力は果たしてどれほどのものなのだろうか。
NAVIelite カーナビ渋滞情報プラス
「NAVIelite」をリリースしたのはアイシン・エィ・ダブリュという会社だ。一般の人には馴染みのない社名かもしれないが、自動車のオートマチックトランスミッション製造で世界シェア1位の大手自動車部品メーカー。そして自動車メーカー純正のカーナビゲシステム製造で世界シェア2位のメーカーでもある。そんな会社がリリースしたカーナビアプリだけに、これは期待できそうだ。
NAVIelite カーナビ渋滞情報プラス
画面を見ればトヨタ車オーナーの読者なら一目瞭然だろうが、画面デザイン、操作性に関してはそのまんまトヨタの純正ナビである。GALAXY NOTEなどの大画面機にインストールして車のダッシュボードに固定してしまえば何の違和感も感じないほどだ。そして、純正ナビでは操作時にストレスを感じるモタつきもAndroid端末では少なく実に快適だ。地図データもあらかじめダウンロードしたデータを使用するのでオフライン動作となっている。
NAVIelite カーナビ渋滞情報プラス
もちろん見た目だけではなく機能も最新のトヨタ純正ナビと何ら変わるところがない。クリアに話す音声案内はもちろん、VICSによる渋滞情報や渋滞を避けるためのルート検索もきちんと搭載されている。交差点の拡大図や交通案内版、レーンの情報も表示されるし、大きな交差点ではイラストによる案内もされる。すべての機能を紹介していくとスペースが足りないので割愛するが、前述したようにトヨタの純正ナビと同等の機能を持つと思っていただいて構わない。
NAVIelite カーナビ渋滞情報プラス
純正ナビと唯一違う点といえば、車速信号や車に取り付けたジャイロセンサーを利用できないために、スマートフォンのGPS機能のみで現在地の測位を行うということだ。そのためGPSを受信できない場所では精度が悪くなると思われるが、筆者が試してみたところ特に問題に感じるようなことはなかった。また、他のナビアプリのように徒歩ナビとしての利用ができないのは少し残念だった。

スマートフォンの世界ではGoogleが無料でMapや実用的なナビを提供しているために、老舗の地図情報企業やカーナビ企業はかなり影響を受けているかもしれない。各社は対抗するために試行錯誤をしていると思うが、やはり専門メーカーのノウハウを注ぎ込んで作られたものは使いやすさが段違いだ。良い物をリリースすればアプリとして高価であってもユーザーはついてくる。それを証明しつつあるアンドロイドアプリが「NAVIelite(ナビエリート)」ではないだろうか。高価格帯の専門アプリがどこまで売上を伸ばすのか、今後の動向に注目したいと思う。(こうべみせ)

post-42297_t

NAVIelite カーナビ渋滞情報プラス

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,交通/地図/旅行
価格 年額3,800円
デベロッパ名 AISIN AW CO.,LTD.

おすすめサイト