アンドロイドアプリレビュー

便意を抑えて疾走するアプリ 「トイレダッシュ」が50万DL突破

急激な便意はヤバい。本当にヤバい。外出先の、しかも初めての場所で腹痛が始まってしまい、猛烈な便意に襲われた状態でトイレを探していると、誰しも時限爆弾を抱えてさまよう気分になるだろう。決して漏らしてはならない。漏らした時点で俺の人生終る……そんなギリギリの瞬間をゲームにしてしまったのが今回紹介するアンドロイドアプリ「トイレダッシュ」だ。
トイレダッシュ
「トイレダッシュ」は駅、街、空港を舞台に、便意に襲われた主人公がトイレを求めて疾走するゲームだ。ただしゴールとなるトイレはない。漏らしてしまうまでの残タイムが0にならないように、ステージ中に落ちているカプセル薬やトイレットペーパーなどのアイテムを拾って残タイムを増やしつつ、永遠に辿りつけないトイレを目指して走り続けるのだ。これはまるで悪夢ではないか。ゲームで良かった(笑)。
「トイレダッシュ」
通行人や障害物にぶつかってしまうと尻を押さえた状態になりスピードが落ちてしまう。この状態でさらにぶつかると即ゲームオーバーとなるので、アイテムの救急箱を拾って回復しよう。またジャンプやスライディングといったアクションも可能なので、障害物回避やアイテム取得時に活用することで好成績を残すことができるだろう。
トイレダッシュ
さて、このゲーム、何かに似ていると思ったのだが、当サイトでも以前紹介した「Temple Run」の設定をトイレ探しにしたような感じだ。ただし「Temple……」のように主人公が疾走するコースに分岐やコーナーがあるわけではなく、ひたすら直線となっていて難易度的には初心者向きとなっている。操作もヴァーチャルコントローラーによる操作だ。これによって全く違ったゲームに感じるから面白い。

リリースから約1ヶ月で50万ダウンロードを突破した恐るべき人気の「トイレダッシュ」。便意を抑えて走り続けるこのゲームの快進撃はどこまで続くのか。今後の成長が大いに楽しみだ。(こうべみせ)

post-42140_t

トイレダッシュ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 株式会社ニジボックス

おすすめサイト