アンドロイドアプリレビュー

HKT48指原莉乃の“恥ずかしいブログ”を暴露したアプリ 「芸能都市伝説」の衝撃

芸能ニュースや都市伝説を配信するアプリは数多くあるが、独自取材による芸能暴露ネタを発信するアプリは珍しいと言えるだろう。

福岡のHKT48に移籍した元AKB・指原莉乃(19)の「素人時代のブログを発掘した」と伝えているのが、以前当サイトでも紹介したアンドロイドアプリ「芸能都市伝説」。先日更新された記事では彼女のデビュー前のブログと噂される「えりっくまぱわー」について、独自の観点から分析している。

記事によると指原は「以前から熱心なハロプロファンだった」とのこと。大分在住の学生だった2006年1月15日の日記には、下記のような記述があるという。

「なんでこんなに田舎に生まれたんだろ。ハロショも行けない、ベリもこない。(中略)ハロショで3000円くらい使ってみたいし。なんかすごい気持ち悪くなってきた・・。ああああああ友理奈様とかえりりんのこと、好きすぎて本当死にそう。なんでこんなにそれだけで凹むんだろう。よくわからないーーーーーーーーーー」

元・モーニング娘。の亀井絵里とBerryz工房・熊井友理奈の熱心なファンだったという指原。問題の記事はさらに

「ブログは全編に渡り『っうぇっうぇっうぇうぇえうぇwww』など2ちゃんねる用語を駆使しまくったえりりん(亀井)と友理奈様(熊井)への狂信的(?)なラブレターと、グッズや生写真の買いまくり&振り付けの練習の報告で埋め尽くされていて、彼女の筋金入りのヲタぶりがうかがえる」と伝えている。

アイドルのデビュー前の個人ブログなど、通常ならば本人か事務所が閉鎖するのが業界の慣例。もちろん、このブログが本人のものであるという確証はなく、記事の文末にも「真相はご自身で判断してもらいたい」と結ばれているが、なんとも気になる内容であることは確か。地方在住のアイドル志望少女の、切実な心情が非常にリアルに伝わってくる。

「出版不況が叫ばれる中、一部の芸能ライターたちはアプリに新たな活路を見出しています。特にアンドロイドのアプリは無審査で最新情報が公開できるので、iPhoneに比べ速報性の面でも優れています。今後もアプリ発の芸能スクープの流れは加速していきそうです」(男性誌編集者)

芸能都市伝説」は今後も週1回の頻度でこのようなスクープネタを配信していくとのこと。大手メディアの追随を許さないゲリラ的な情報発信の流れは、アプリを軸にさらに加速して行くのかもしれない。(EXドロイド編集部)

おすすめサイト