アンドロイド関連ニュース

ランキング1位のソニー公式アプリが「削除できない」 ユーザーからの非難が殺到中

現在、Google Playの新作ランキング(無料)で1位、2位にランクインしているソニーモバイルの公式アンドロイドアプリ「PlayNow」と「APP NAVIに、ユーザーからの批判の声が殺到している。平均評価は1.5点と1.9点で、驚くべきことに「PlayNow」は1つ星が85%にも達する。「そこまで叩くことはないだろう」という冷静なコメントもあるが、とにかく酷評されていて、もはや炎上と言ってもおかしくない状態だ。

「いらない、しかもアンインストール出来ない!! ムカつく!!」
「アンインストールしたい 。 SONY空気読んでくれ」
「acroなど内蔵メモリが少ないモデルは死活問題」
「アプリが削除出来ないソニーのスマホは二度と買いません」
「消せない 更新通知が消えない SDカードに移せない」
「人気の新着一位だって(笑)」

大半はアンインストールできないことに対する苦情で、「使ってもいないのに更新通知が来る」というのがさらにイライラの原因となっているようだ。更新を無視しても、インストールするまで警告が消えないことでさらに不満が高まっている。

「不要なプリインストールアプリは、裏でデータ通信をしてスマホの動作が重くなったり、使っていないのに勝手に起動することもあります。そうでなくても不満を感じていたのに、更新の催促が出てきて非常にイライラしました。さらにアプリが一つならまだしも複数あって、我慢の限界を超えていると感じました」(ソニーモバイルのスマートフォンを利用しているユーザー)

ソニーに限らず、端末にあらかじめインストールした状態で提供されるプリインストールアプリが、ユーザーの利便性を損ねていることは間違いない。KDDIの「GREEマーケット」も評価は最悪だ。「アンインストールできない」というコメントばかりで、1つ星が全体の95%に達する。富士通東芝モバイルの端末にインストールされている「TSUTAYA TV」も、1つ星評価が98%を占めている。こうしたアプリは、プリインストールされていないスマホでも利用できるものもあるが、ここまで悪い評価のアプリをあえて使おうという人は少ないだろう。さらにユーザーからこんな指摘もある。

「最近になって何故か5つ星の評価をする人が増えているんです。それほど悪くないというコメントが増えていて、本当にそう感じているのかと疑問を持ちました。一週間前はなかったので、不自然だと思いました」(前出)

これは、あくまで個人の感想に過ぎないため、ぜひ実際のコメントを見て判断してほしいが、編集部で確認したところ、確かにこの一週間は良い評価が増えているようだ。

それにしても、こうした不満の声を聞くと、日本のスマホメーカーは熱狂的に支持されているアップルと、まったく真逆のことをしているのではないかという気がしてしまう。コメントの中には「やっぱりiPhoneっしょ」という声や、「一回でも東芝製品を使ってみろ!こんなことなんかでイライラしないぞ!」という、不具合が頻出したレグザフォンユーザーらしき声もあった。プリインストールアプリが全て悪とは言わないが、使わないアプリなのに削除できないという仕様はユーザー想いとは言い難い。こうした声に、日本の家電メーカーはどのように対応していくのか。今後の動向に注目していきたい。(秋原とおる)

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト