アンドロイド関連ニュース

ネットで話題の「近親相姦」作品も公開 ドコモ「アニメストア」のラインナップが凄すぎる

ドコモは本日(7月3日)、月額420円でアニメ約500作品が見放題のサービス「アニメストア」のサービスを開始した。このサービスはドコモのスマートフォン向けコンテンツマーケット“dマーケット”の新サービス。「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」「ゼロの使い魔」「バカとテストと召喚獣」「新世紀エヴァンゲリオン」「魔法少女まどか☆マギカ」「ルパン三世 1st series」「灼眼のシャナ」など、新旧織り交ぜた人気作が勢ぞろい。

これだけの作品群が420円で見放題というだけでも画期的だが、HDMIケーブルを使用すればテレビ出力も可能。自宅の大画面テレビで堪能できるという点にも注目したい。ネット上では既に、

ラインナップすげえo(^▽^)o
これで420円はアリな気もする
このラインナップなら有料でも契約したくなるな。って俺、auユーザーですけどね!

といった具合に、その作品数の豊富さを絶賛するコメントが多数。ドコモと言えばこのところ、「iPhoneは発売しない」という方針に対する反発や、MNPで一人負けと報じられるなど、明るい話題が少なかったが、コンテンツの分野で起死回生の一打を放ったと言えるだろう。

「今回の『アニメストア』はドコモと角川書店との提携で実現したもの。ドコモは6月から新社長に加藤薫氏が就任したばかりですが、新体制の発足に合わせて強力なラインナップを用意したとの見方もあります。8月には細田守監督の「サマーウォーズ」が一ヶ月限定で公開されるなど、さらなる話題作を投入していくようです」(アニメ雑誌編集者)

そんな具合に「久々にドコモが輝いて見える」という声すら聞かれる「アニメストア」だが、約500という膨大なタイトルを精査してみると、意外な名作がラインナップされていることに気づく。編集部的に気になった作品をいくつか挙げておくと、

「School Days」
2007年からオンエアされたヤンデレヒロイン系アニメ。最終回は殺人事件との関連を指摘され、放送中止になったことも話題に。「Nice boat.」という流行語も生み出した。

「ムネモシュネの娘たち」
グロテスクな表現や、エロティックな描写で知られるSFアニメ。1回1時間枠で1話という、テレビアニメ番組としては特殊な形態で放映されたことも注目を集めた。

「クイーンズブレイド 流浪の戦士」
第1話からヒロインがおっぱい丸出しで登場。敵がおっぱいから母乳を噴射して攻撃するなどのシーンが話題になったエロティックアニメ作品。

「ヨスガノソラ」
2008年に発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームがオリジナルのアニメ。今年5月に東京都青少年健全育成審議会が内容を調査した結果、「兄と妹の近親相姦を描いております。ただ、社会的に是認されているかのように描いたり、 あるいは必要以上に反復して詳細に描いているというものではありませんので、新基準等に該当しておりませんでした」と、安全宣言を出したことがネットで話題になった。

ドコモ「アニメストア」では当サイト読者にはおなじみの「いっしょにとれーにんぐ」などの隠れた名作も公開中。気になる人はまずサイトにアクセスしてチェックしてみてほしい。(エックスドロイド編集部)

参照リンク:アニメストア https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト