アンドロイド関連ニュース

世界初の“高齢者専用スマホ”「らくらくスマートフォンF-12D」の実力を検証した

ドコモの2012年夏モデルの中でも最重要端末ともいうべき「らくらくスマートフォン F-12D」が「ドコモスマートフォンラウンジ」で実機展示された。他のスマートフォンとは似ても似つかぬ、全く新しい形のスマートフォンとなったこの端末の魅力をお伝えしたい。

まず驚くのがタッチの感触。触ってすぐに反応するのではなく、触るとボタンが光って、さらに押し込むことで選択できる。タッチパネルに慣れた人には面倒だが、誤動作は確実に減るので、初めてスマホに触れるお年寄りにはいいだろう。通常のスマホの操作のようにタッチを切り替えることも可能なので、段階を経て慣れることができる。また、握りこんでしまって画面端に指がかかっていても操作できる「うっかりタッチガード」も搭載している。

こういったきめ細やかな機能を実装できるのが日本企業らしい点だろう。前面のハードキーもホームボタンが一つのみで、分かりやすさを重視した設計となっている。

領域で区切ってボタンが配置されているメニュー画面は、アンドロイドらしさを全く感じさせない。強いて言えばWindows Phoneに近い。ボタンが大きいので、このメニューを採用した点は素晴らしいと言える。また、電話やメール、ワンタッチダイヤルなどの主要機能のほか、ネットラジオやワンセグや歩数計、さらには将棋などのゲームを、「便利ツール」、「健康・生活・趣味」といったカテゴリのタブを開いてから選択することが可能。

動作もサクサクで使っていてカクつく感じはまったくない。カメラもワンタッチで起動できるし、メニューがシンプルな分、動作は非常にスムーズだ。

また、使い方のガイドのほか、電話で操作方法を聞ける「らくらくホンセンター」にワンタッチで電話することが可能。フリーダイヤルなので通話料もかからず、ユーザーサポートはかなり充実している。「スマートフォンは使い方が難しい」というイメージを持つ人は多いが、そのハードルを下げるには十分な機能とサポート体制と言えるだろう。

らくらくスマートフォンは「Googleアカウントが不要」というのが一つの売りで、GmailやGoogle Mapが使えない点はネックだが、Google Mapに関しては「ドコモ地図ナビ」(月額315円)で代用できる。また、ワンタッチダイヤルボタンのすぐ下には、天気やニュースをウィジェットで配信する「iチャネル」(月額157円)が配置されている。こうした具合に、それぞれのサービスで細切れに課金していくのが、ドコモの戦略のようだ。

F-12Dは、「らくらくスマートフォン」という名前を冠しているが、中身は「ガラケーのらくらくフォンがタッチパネル化したもの」と考えたほうが分かりやすいかも知れない。高齢者のみをターゲット層に限定したスマホは、おそらく世界でも類を見ないといえる。全く新しい領域にチャレンジした禁断のスマホ、「らくらくスマートフォン F-12D」は8月に発売される予定だ。(岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト