アンドロイドアプリレビュー

オリラジ中田らを起用の文字入力アプリ「超速!ええ声フリック」が人気

ガラケーからスマートフォンに乗り換えて、一番苦労するのは文字入力だろう。スマホのフリック入力は慣れれば非常に便利な入力方法ではあるが、ガラケーのボタン入力に慣れたユーザーは戸惑うことが多い。そんな悩みを解決してくれるフリック入力練習アプリ「超速!ええ声フリック」がスマホ女子にウケている。
超速!ええ声フリック1超速!ええ声フリック2
「超速!ええ声フリック」は、“よしもと芸人×GREE”カスタムアプリの第二弾アプリ。“ええ声芸人”として中田敦彦(オリエンタルラジオ)、ケンドーコバヤシ、藤原一裕(ライセンス)の3人を起用している。出題される「かな文字」を制限時間内に入力すると、ええ声芸人が読み上げてくれるというもの。問題は各芸人10問ずつ。レベルが上がるごとに文字数が長くなり難しくなる。
超速!ええ声フリック3超速!ええ声フリック4
「お前には俺がいるから、心配するな」「よく、がんばったね」といった胸キュンワードのほか、先日、お天気キャスターとして知られる福田萌と入籍した中田敦彦の場合は「王政復古の大号令」など雑学っぽいマニアックなワードもある。ケンドーコバヤシも「お前が欲しい」「泣く事も一種の快楽である」といったセクシーなセリフが用意されていたりとバラエティに富んでいる。マーケットのレビュー欄には、

「暇つぶしにいいよ~! …はまるよ~!! ええ声聞きたくて、めっちゃがんばる自分(笑)」
「ええ声!!フリックがうまなるからええ!」

といった具合にスマホ女子と思われるコメントが並んでいる。「超速!ええ声フリック」はGREEの登録が必要なアプリであるが、30個もの“ええ声芸人”のボイスを無料で聴くことができるというのはファンにとって見逃せないアプリといえるだろう。今後も個性豊かな芸人を豊富に抱える「よしもと」ならではのアプリの登場に期待したい。(EXドロイド編集部)

post-39546_t

超速!ええ声フリック

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,エンタメ
価格 無料
デベロッパ名 GREE, Inc.

おすすめサイト