アンドロイドアプリレビュー

「ドルフィンブラウザHD」が大幅アップデート 衝撃の“音声認識機能”の実力

Android、iPhoneで世界中で人気のブラウザ「ドルフィン ブラウザー HD」がアップデートされ、新機能の「Dolphin Sonar」の日本語版が追加された。ドルフィンブラウザーといえば、タッチで記号を描いてサイトなどに素早くアクセスできる”ジェスチャー”機能や、自分で好みの機能を追加できるアドオン機能などの特徴を持ち、世界で1000万ダウンロードを超えている超人気ブラウザ。それが今回、さらに大幅な進化を遂げた。

「Dolphin Sonar」は、音声認識による検索やショートカットを行う機能。起動して端末に向かって話すと、検索や各種操作が行える。英語版には2月に実装されていたが、今回初めて日本語版が登場した。「音声認識」といえば、既にGoogleのサービスや、iOSのSiri、ドコモのしゃべってコンシェルなど、汎用性の高いものも登場している。しかし、「Dolphin Sonar」の音声認識はそれらよりも、もっとブラウザに特化した機能となっている。

最も特徴的な点は、検索だけでなくショートカットや画面操作も行えること。たとえば「フェイスブック」と話しかければ、いきなりフェイスブックのトップページが表示されるし、「ヤフオク  チケット」と話せば、ヤフーオークションで「チケット」を検索した結果が表示される。また、ブラウザの操作に関しても「戻る」「お気に入りに追加」「新しいタブ」といった音声で操ることが可能。「ツイート」や「シェア」といった一言で、表示しているサイトをTwitterやメール、Evernoteなどでシェアできる点も斬新だ。

さらに、もう1つの特徴と言えるのが「Dolphin Sonar」の起動方法。ドルフィンブラウザーを開いている状態で端末を振る、もしくは左下のイルカアイコンをタップするだけ、と非常に簡単なのだ。ブラウジングの最中にスムーズに移行できるので、とても使いやすい。「Dolphin Sonar」とタッチジェスチャは画面下部のタブで切り替えられるようになっており、従来のようにジェスチャーを利用したい場合も、この画面を開けばいい。

音声認識の能力は非常に高く、使用時にストレスを感じることはほとんどない。使ってみるとわかるが、検索やブラウザの操作が、メニューを開かずに音声だけで行えることで操作スピードは格段に向上する。公共の場で音声入力を使用するには抵抗があるかもしれないが、ブラウザのほとんどの機能が操作できるのは非常に大きな進歩と言える。そんな具合に「Dolphin Sonar」の導入で格段の進化を遂げたと言える「ドルフィン ブラウザー HD」で、スマホの最先端のブラウジングを実感して欲しい。(岡嶋佑介)

post-39026_t

ドルフィン ブラウザー HD

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 Mobotap Inc.

おすすめサイト