アンドロイドアプリレビュー

昆布をコンプする「コンブガチャ」が登場 “レアコンブ”は210円で販売

本音ライフログサービス「Arrow」を運営するGreen rompがコンプガチャ体験アプリ「コンブガチャ」をリリースし話題となっている。同社は決算報告のプレスリリースで代表の野田氏が「完全な中2病であった」と発言するなど、ユニークな運営方針で知られる企業。
コンブガチャ1コンブガチャ2
「コンブガチャ」はその名のとおり、“昆布”をコンプリートするガチャアプリ。現在、物議を醸している「コンプガチャ」はソーシャルゲームで希少性の高いカードを獲得するためのものだが、本アプリは昆布を「コンプ」することに特化したアプリ。コンプリートすると、どのソーシャルゲームでも使えない用途不明のSSSレアカード「灼熱大帝 昆布姫」が獲得できる。

「真(魔)昆布」「日高昆布」「利尻昆布」などコンプ条件の“昆布”だけでなく、「ただのマグロ」といった不要なカードも出てくるあたりがリアル感があり、なかなかカードが揃わないイライラが溜まる仕掛けとなっている。ガチャは1回ずつ「ガチャる!」だけでなく10回まとめて「ガチャる!」ことも可能と、ガチャに特化しているだけあって、コンプ目的で大量にガチャをすることが便利になっている。
コンブガチャ3コンブガチャ4
マーケットの説明文には「レアカードも運が良ければすぐにGET可能ですが、できれば是非課金もチャレンジください!」と記載。「レアコンブを買う(課金)」というボタンを押すと、210円でレアカードを購入することが出来る。

編集部では1000回以上ガチャをしてみたが、無料ではレアカードは入手できず、最後には根負けして210円でレアカードを入手。やっとの思いでSSSレア「灼熱大帝 昆布姫」をゲットした。

当サイトでは「“コンプガチャ規制”ユーザーからは『廃止されると困る』との声も」と記事化したが、ソーシャルゲーム業界では「コンプガチャは廃止」が基本的な流れになっている。そんな中でこのアプリ「コンブガチャ」は、ガチャでコンプすることがいかに難しく、ユーザーがどれほど課金の誘惑に弱いかを実感できる、貴重なアプリと言えるのではないだろうか。(EXドロイド編集部)

post-36847_t

コンブガチャ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,エンタメ
価格 無料
デベロッパ名 Greenromp,Ltd

おすすめサイト