アンドロイド関連ニュース

「虚構新聞に怒る人はバカ」とひろゆき氏が断言

現実の事件や出来事のパロディ記事を配信するジョークサイトとして有名なのが「虚構新聞」。個人サイトとは思えないPVを叩きだしており、一昨年に今までのネタを集めた単行本『号外!!虚構新聞』(笠倉出版社)が発売されるほどの人気サイトだ。
記事には背景色に隠れた文字を反転させると「これは嘘ニュースです」と書かれており、虚構新聞というサイト名からもジョークであることは分かるのだが、「ありそうでないこと」をネタにしている上に新聞記事の体裁を模した書き方であるため、よく確認せずに事実と誤認してしまう人が絶えない。

5月14日、同サイトが「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」という記事を公開すると、これがTwitterなどで爆発的に拡散。ウソ記事であったことが判明すると、釣られた人々が「混乱させられて迷惑」「デマを流しているのと同じ」などと虚構新聞に怒りをぶつける事態となった。

この事態を受けて、虚構新聞はTwitterアカウントで「現実にありえないことをお伝えするのが本紙のポリシーですが、今回非常に多くの方から『橋下氏ならやりかねない』と思われたのが最大の誤算でした。今後はもっと現実離れした虚構報道を心がけます。申し訳ありませんでした」と謝罪。特に実害があるようなウソ記事ではなかったが、初めて謝罪をする事態となったことで虚構新聞や他のジョークサイトの在り方にまで議論が発展している。

さらに、某ブログが虚構新聞の管理人を名乗って「更新を一時停止します」と発表する事態も発生。すぐさま、虚構新聞の管理人・UK氏が否定したが、ジョークサイトのウソの更新停止を、成り済ましブログが発表するというカオスな状態となっている。

UK氏は自身のサイトで「今の気持ちは本当に『悲しい』の一言に尽きます。ネット言論って良くも悪くも自由で、僕みたいな田舎の片隅からでも広い社会とつながりあえることがうれしかったのに、最近はちょっと息苦しくなってきたようにも思います。コミュニティの成熟と捉えるべきなんだろうけど、ツイッターという数の力に押しつぶされそうで、それが怖くて悲しいです」と今回の騒動について記している。

そんな中、2ちゃんねる元管理人の西村博之氏が自身のTwitterで「虚構新聞を『騙された!』って非難してる人って、『自分は読解力の無いバカです』って公言してるようにしか見えないけど、恥ずかしくないのかな? 」と発言。西村氏といえば、「嘘を嘘と見抜けないと(掲示板を使うのは)難しい」という名言が知られているが、それを踏襲した問題提起だといえるだろう。

ネットは誰でも情報発信することができることが最大の魅力だが、それゆえに真偽不明の情報も数多く流れている。虚構新聞は運営者が意識しているかは別にしても、「ネットの情報を鵜呑みにしてしまう人々」を鍛える役目も担っていたといえる。今回の騒動は、ネットに不慣れな人々にも届くほど、虚構新聞の影響力が大きくなりすぎたために起きたともいえるが、こういったサイトを否定するようではネットの未来は暗いと言わざるを得ない。テレビや新聞などと違い、ネットでは「垂れ流される情報を受け取っていればいい」という旧来の情報感覚は通じないのだ。

あらゆるメディアや端末から洪水のように情報が押し寄せてくる現代だからこそ、情報を自分で精査する力を身につけ、引っかかりそうになるほどの秀逸なジョークサイトを楽しむ余裕を忘れてはならないだろう。(佐藤勇馬)

■参照リンク:虚構新聞 http://kyoko-np.net/

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト