アンドロイド関連ニュース

スマホ“安売り宣言”のドコモ 最新タブレットを「月額5円」で投げ売り中

当サイトではこれまで、「ドコモの最新端末が「新規0円」 スマホの“投げ売り”合戦が止まらない」など、熾烈なスマートフォンの販売競争をお伝えしてきた。先日の決算発表会でドコモの山田隆持社長は「0円端末があってもいい」と発言し、いよいよ本格的に価格競争に乗り出すことを表明した。auのなりふり構わぬ安売りに対し、ドコモが耐えられなくなったものとみられている。

auはキャッシュバックなどのMNP(番号ポータビリティ)に対する優遇を続けた結果、MNP加入者数で7ヶ月連続首位を達成。iPhoneによる押し上げもあり、4月のMNP加入者数が6万件と好調だった。それに対し、ドコモは10万件以上のマイナスになるなど、転出超過が続いている。しかし、このドコモの方針転換には厳しい意見も多い。

「転出させないように機種変0円とかやるべきなんじゃねーの」
「結局、通信費に上乗せか…」
「いくら実質0円でもパケ代高ければ意味がない」
「そんなんより、基本料とパケホ月額料金を下げてくれ…」

Twitter上では反発の声も多いなか、販売現場ではどのように受け止めているのだろうか。

「もちろん安いほうが競争力はあるので、値下げには期待しています。今後はMNPだけでなく機種変更の価格も下げることも検討しているようです」(家電量販店のドコモ担当)

都内の携帯ショップでは、今月下旬からドコモの安売りが始まる可能性があるとみている。

「新機種発表会の後で旧機種の値下げがあると思います。ただし、割引額を引き上げるだけで、実質的には1万円程度の値下げに留まるのではないでしょうか。今年2月にGalaxy SやMEDIASなどの型落ちのスマホが安くなりましたが、その代わりに毎月の割引額がゼロになったので、あまり人気は出ませんでした」

このショップの情報によると、現在ドコモで売れ筋なのは、タブレット端末だという。特に「GALAXY Tab10.1 SC-01D」、「ARROWS Tab F-01D」の2機種のタブレットは、入荷してもすぐに完売状態の人気ぶりだという。

「割引額が月額2,415円あるうえ、ドコモユーザーなら今月から始まった「プラスXi割(旧 Xi2割)」を申し込めば、セット割引が2~3千円増額されます。それだけでも安いのですが、MNPの場合には、さらに割引が2千円上乗せされ、パケット定額を使っても月々たったの5円で維持できます」(都内の携帯ショップ)

これらのタブレットはドコモショップでは定価7万円以上だが、一部の量販店や携帯ショップではMNP一括2~4万円で販売されている。人気のiPadのWiFi版が42,800円であるのと比較すると、かなり安く購入できると言える。

「F-01DがMNP一括34990円!毎月激安運用で5円〜( ̄▽ ̄)」
「月々サポートも増えてるから、ユニーバーサル料の月5円だけで維持出来るぜw 」

難点は、MNP増額キャンペーンが今月末までなのと、すでに安い携帯ショップには在庫がないことだろう。とはいえ、ツイッターなどで調べれば購入できるチャンスはまだ残っている。タブレットの購入を予定している人は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。(秋原とおる)

››秋原 とおるの記事一覧

秋原 とおる

最近、どのスマホにしたらいいのと、よく聞かれますが、一番売れているのを選ぶのが間違いが少ないよと答えていたら、周りにiPhoneユーザーが増えてしまいました……。でもガジェット好きには、迷わずAndroidをオススメします!理由は買えばわかるはず(たぶん、笑)。個人的にはATOKが使えるだけで断然Android(Google日本語入力も出るし)。

おすすめサイト