アンドロイド関連ニュース

脱糞騒ぎも起きた「ニコニコ超会議」 2日目も“大便は20人待ち”の混雑ぶり

初開催ながら大盛況となったニコニコ超会議。公式の数字はまだ出ていないが、初日は約2万6千人~3万人超を動員したという。予想を超える来場者に、混雑で入場できなくなるなど混乱する場面もあった。
エックスドロイド取材班は4月29日、このニコニコ超会議の熱気をお伝えするために、早朝から行列に加わってみることにした。海浜幕張駅に到着したのは朝7時。10時開演なので余裕を持って早めに着いたつもりだが、すでにホームには人があふれていて驚いた。駅前で案内している人に話を聞くと、朝5時から人が集まり始めたという。徹夜は禁止だが、会場周辺には徹夜しているらしき人も結構いたそうだ。

駅から歩いて10分ほどで入場ゲートに到着するが、そこから行列の最後尾までが遠い。幕張メッセをぐるりと一周して、ようやく最後尾にたどりついたが、駅に着いてから30分が経過していた。
周囲を見回すと中高生と思われるティーンエージャーが半分ほどを占めている。残り半分は20代から30代。中高年の男性の姿もチラホラある。50歳前後の男性に声をかけてみたら「きゃりーぱみゅぱみゅを見るため」に早めに来たという。圧倒的に男性が多いのではないかと予想していたが、意外に女性が多く、男女比は6:4くらい。コミケのような物販はメインではないが、大きなカートを引っぱっている人も多い。

スマホユーザーが多いが、DSやPSPを持っている人、Androidタブレットを使っている人もよく見かける。AndroidとiPhoneはおよそ半々。並んでいる人にインタビューしてみると、「好きな歌い手さんがいるので見に来た」という2人組の女子高校生。「楽しそうだったから」来たというミリタリーオタク男性4人組。「ニコニコ動画が好きだから」という20代女性など、目的は様々だ。

初日は行列で脱糞騒ぎがあったが、トイレが遠くにあるゲート外での出来事らしい。ゲート内にはトイレがあるので、そんな心配もないだろうと思っていたが、トイレで衝撃を受けた。なんと大便のほうに長い行列ができており20人ほど並んでいる。すわ、2日連続で脱糞騒ぎかと思ったが、今日はよく訓練されたニコ厨たちのようで最後まで犠牲者は生まれなかった。

ツイッターではニコニコ超会議に行くと童貞が喪失できるとか、夜は近くのラブホテルが満室などの情報も飛び交っていたが、積極的にナンパしている人は皆無。どちらかといえばアキバにいる客層に近い。衝撃なのはカップルの少なさで、100人に1人くらいしかいない。リア充だとニコニコ動画を見ないのか、それとも恋人がいる人は連休は忙しいのか、ライブもあるイベントなのに、とにかくカップルが少ないのが印象的だった。

早朝から並んでみたが、ニコニコ動画の出演者や生主に直接触れあえる機会ということで、期待感によるものか苦痛を感じることがなかった。むしろ、今までコメントし合ってきた仲間たちと時間を共有している感じさえしたほどだ。これほどの成功を収めているだけに、次回の開催は間違いないだろう。もしかしたら年末にもイベントがあってもおかしくない。年齢も客層もさまざまだが、ニコニコ動画の楽しさを共有できる不思議なイベントだ。(EXドロイド編集部)

参考リンク:
ニコニコ超会議2012 公式サイト http://www.chokaigi.jp/

■訂正:当初、取材日を28日としておりましたが、29日の間違いでした。訂正させていただきました。

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト