アンドロイド関連ニュース

恵比寿マスカッツが「ニコニコ超会議」に降臨 女性ファンも熱狂

大盛況のニコニコ超会議。二日目の4月29日は男性ユーザーとしては最大の注目イベント「恵比寿マスカッツ」のライブ「そうだ! やっぱり超会議に行こう!(仮)」がBLUE STAGEにおいて開催された。午前11時30分にメンバーたちが登場。希志あいの、麻美ゆま、希崎ジェシカら総勢19名のセクシー女優が「今日はご来場ありがとうございます!」と元気よく挨拶すると、約600名の聴衆からどおおおおお~っと歓声があがった。

ライブは6thシングルの「ハニーとラップ♪」に続き「チヨコレイト」でスタート。MCタイムでは、4月17日に配信した今回のライブの告知番組が2万5千人の視聴者を集めたことなども披露。続いて「スプリングホリデー」「OECURA MAMBO」に続き、今回のハイライトとなったのが「口ゲンカしないで」。

恵比寿マスカッツと言えばテレ東の深夜番組「おねがい!マスカット」から生まれたユニットとして知られるが、「口ゲンカしないで」では番組の名物企画「口喧嘩王決定戦」から生まれた楽曲。「顔がデカいのはどっち?」「腹黒いのはどっち?」「モテないのはどっち?」といったテーマで、メンバーたちが激しく罵り合う生バトルを繰り広げ、場内を大いに沸かせた。

さらに栗山夢衣が特技の「セルフ亀甲縛り」を披露したのち、「ロッポンポン☆ファンタジー」、「バナナマンゴーハイスクール」、「私マンボー」の3曲を立て続けに披露。ラストの「12の34で泣いて」で一旦退場したが、興奮冷めやらぬ観衆の声に応え、再度ステージに登場。アンコールで再び「ハニーとラップ♪」を披露し、約60分の熱いステージを終えた。

今回のライブで感じたのは、マスカッツファンには意外に女性が多いこと。最前列に陣取った20代の女性に聞くと、「今日は瑠川リナちゃんと吉沢明歩ちゃんが目当てで来ました。かわいいし、ブログもよくチェックしてます」とのこと。当サイトでは以前「スマホのアダルト動画 客の3割は女性」という記事を掲載したこともあるが、セクシー女優たちが同性のファンからも着実に支持を集めつつある現実を実感できた。(エックスドロイド編集部)

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト