アンドロイドアプリレビュー

楽譜を自動再生する驚異的アプリ「SnapNPlay」が大反響

撮影した楽譜を読み取りスマホ上で再生するAndroidアプリ「SnapNPlay Demo」が世界中で注目されている。画期的なコンセプトはもちろん、シンプルなデザインに直感でできる操作など、音楽ツール系のアプリにありがちな込み入った操作がないのが本アプリの特徴。テンポの調整や再生箇所もたどってくれるので、楽器を独学でやっている人にとってはかなり役立つアプリだ。

まさにアプリ的な柔軟な発想が生んだと言える本アプリは、4月17日のリリース以来DL数が急上昇。アメリカの大手レビューサイトで紹介されたこともあり、すでに多くのレビューが寄せられている。

Excellent concept.my sister which plays piano loved it(素晴らしいコンセプト。ピアノをやる姉も気に入ってるよ)

It’s a great start, somewhat hampered by narrow angle lenses on smartphone cameras. Keep up the top work dev!(スマホのレンズの狭さや角度で多少妨げられるけど、すごく良いよ。開発頑張って!)

This is a good looking app and very easy to use, which is important for non technical users such as myself(お洒落だし、自分みたいなテクニカルじゃないユーザーにも重要な使いやすいアプリだよ)

等、他にはないコンセプトを絶賛するコメントが大部分をしめている。反面、「スマホだから撮影できる量が少ない」「たまに楽譜を読み取らない」など、改善を求める声も見受けられる。まだまだ完成版とは言えないが、今後さらに注目が高まりそうなアプリだ。

起動すると、「Snap The Music」というメニューしかないシンプルな画面が表示される。早速タップし、再生させたい音楽の五線譜を撮る。この際、ト音記号や「アレグロ」などの表示は入らないようにする。赤い枠内に五線譜がおさまったら「Snap」ボタンを押し、さらにその下部にある「Done」ボタンをタップすれば、あとは自動で楽譜を読み取り旋律を再生してくれるという仕組みだ。

メニュー右下にある「Tempo」のつまみでテンポの調整も可能。右へいくにしたがって速くなるので、再生させたい曲の調子に合わせて調整するといい。また、有料版ではClef「ト音・ヘ音記号などの読み込み」、Key「キーの変更」などの機能が使用可能なので、気に入ったら入れてみるといいかもしれない。

「このプロジェクトはスマートフォンがより良いものになる良いステップだ」
「何年かかけてより役立つものへ進化させるプランを練っている」

と開発者がアプリ紹介文に綴るように、もしかしたら、想像以上の可能性を秘めているアプリがこの「SnapNPlay Demo」なのかもしれない。今後の進化から目が離せない。(斎藤栄孝)

post-35048_h

SnapNPlay Demo

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 SnapNPlay
Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

おすすめサイト