アンドロイドアプリレビュー

「道具屋の冒険」作者に聞く Androidアプリ“個人開発者”の現実

オープンな開発環境で参入しやすいAndroidのアプリ市場は、個人開発者が大手メーカーと肩を並べてセールスを競う数少ない市場の一つといえるのではないだろうか。今回紹介する「道具屋の冒険」も個人開発の人気アプリ。315円の有料アプリだが既に数千ダウンロードを記録している。
道具屋の冒険道具屋の冒険
本ゲームは道具屋経営ゲーム。見た目は懐かしさを感じるファミコン風のレトロな雰囲気だ。ゲームの進め方もオーソドックスなコマンドタイプのRPG形式なので特に迷うことなく遊ぶことができるだろう。
道具屋の冒険
ゲームの目的は道具屋経営で収入を得て総合スコアを上げることだが、商業・経営・金融・建築・賃貸住宅・農業・結婚・育児・戦闘など様々な事をゲーム中で行うことができる自由度の高さがスゴイ。ネットランキング対応なので、スコアやレベル、トロフィー取得数、アイテムコンプリート率などを他のユーザーと競うこともできる。

この「道具屋の冒険」は第一作目の「伝説の道具屋」から数えてシリーズ4作目になる。いずれも数多くダウンロードされ個人作品では大ヒットといえる、この道具屋シリーズの作者であるボーシム氏に話を伺ってみた。

簡単なプロフィールをお聞かせください。

「プログラマーとしてゲーム会社、システム開発会社を転々とした後、脱サラし、モバイルゲームアプリサイト『ボーシム研を立ち上げました。現在、道具屋シリーズで好評を頂いています」

懐かしさを感じるグラフィックの作品を多く作られているようですが、やはりレトロゲームが好きなのでしょうか?

「レトロゲームは好きですが、私が一人でドット絵を自作しているので限界があるということもあります。もちろんイ ラストレーターさんに依頼している部分もあります」

iアプリ版もリリースされているようですがAndroid版と比較して市場的にどうでしょう?やはりDL数などガラケー市場は小さくなっているのでしょうか?

「小さくなっている事を実感しています。iモード契約者はまだ5千万人弱いると言われてますが、アプリにお金をかけられる人は確実にスマートフォンに移行していると思います」

有料Androidアプリはビジネスにならないという声がよく聞かれますが、その辺に関してはやはり同意見でしょうか?

「Androidの有料アプリで、大手デベロッパーとしてのクオリティを保つと、採算性を維持するのが難しいのは事実だと思います。端末の動作検証を しっかりやるとなると、そのコストも大きいですし、それをやっても機種依存の問題を潰しきれていない状況だと感じます。この点でiOSに比べて不利だと思います。また、私自身も、余裕を持てる収入を得られていないのが現実です」

今後も道具屋シリーズの新作はリリースされると思っていいのでしょうか?

「今後もリリースの予定はありますが、マンネリ化しないように、次回はゲームの世界観を大きく変えたいと思います」

今後もリリース予定があるということでファンには嬉しいコメントとなった。また次回作はゲームの世界観が大きく変わるということで楽しみだ。個人開発者ならではの自由な発想で作られた良作RPGである「道具屋の冒険」。まだ遊んでみたことのない人がいたらぜひダウンロードして楽しんでいただきたい。(こうべみせ)

post-34685_t

道具屋の冒険

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 ¥315
デベロッパ名 Boosim Lab

おすすめサイト