アンドロイド関連ニュース

Galaxy S IIのAndroid 4.0対応 日本での実施はいつ!!?

アンドロイドの最新OSであるAndroid OS 4.0(Ice Cream Sandwich)が搭載された「Galaxy Nexus」が発売されてからはや4か月弱。日本ではそれ以後に登場した4.0搭載端末は、ソフトバンクの「AQUOS PHONE 104SH」のみと、現状ではとても4.0が普及しているとはいえない状況だ。

そんな中、3月13日からサムスンはGalaxy S2の4.0へのアップデートを韓国、ポーランド、ハンガリーなどで開始した。顔で認証してロックを外せる「フェイスアンロック」、NFCを利用して近距離間での連絡先の交換や共有などが行えるAndroid Beam、デュアルコアへの最適化など、4.0の主要機能は概ねサポートされており、充実の内容になっている。

しかし、日本で販売されたGalaxy S IIに関しては正式なアップデート開始日が依然としてアナウンスされていない。ワンセグなどのいわゆるガラスマ機能を搭載した日本向け端末は、海外版に比べ対応が遅れているのかもしれないが、このままではどんどん遅れていく可能性もあるのではないか……。その他の主要なスマホメーカーもAndroid4.0へのアップデートの予定を明らかにしているが、あくまでこれはグローバルモデルのみ。日本のメーカーの端末は軒並み時期が未定となっており、富士通東芝に至ってはアップデートするという話すらあがっていない。

一方で、Android4.0対応のアプリがまだ少ない、アップデートを行うコストに見合わない、バグの発生の懸念などからアップデートに消極的になっているメーカーも多い、という話も聞かれる。2.1から2.2、2.2から2.3などでOSアップデートは各社経験済みなので、そのときの経験も踏まえてということなのだろう。苦労してアップデートしても、インターフェイスがガラッと変わることで、ユーザーが混乱してしまうことを考えれば、わざわざ費用や人員を割いてまでアップデートをする必要はない、と考えるのも仕方のないことなのかもしれない。

ちなみに、4.0のカスタムROMは昨年末から出回っており、自己責任で無理やりアップデートすることは可能だ。今後は、メーカーが公式にOSをアップデート提供するのではなく、「そんなにアップデートしたいなら自己責任でやってね」という流れになることも、あり得ない話ではなさそうだ。(岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト