アンドロイドアプリレビュー

あの「ウバ無音カメラ」開発者が作った目覚ましアプリ「葉月ルナの萌え天気目覚まし時計」 

あなたはカメラアプリと言われて、どんなアプリを思い浮かべるだろうか? このところ世間を騒がせているのが「無音カメラ」系アプリだが、その無音カメラの代名詞とも言えるのが「ウバ無音カメラ」。ダウンロード数は245万件を突破という超人気アプリだが、その「ウバ無音カメラ」のUvaSoftが何を思ったのか、今回、萌え目覚ましアプリの「葉月ルナの萌え天気目覚まし時計」をリリースした。

気になるのでさっそく、取材をしてみた。どのようなきっかけで萌え目覚ましに参入したのだろう。
葉月ルナの萌え天気目覚まし時計葉月ルナの萌え天気目覚まし時計
「私の前職がカメラを使う萌えゲームの開発をしておりまして、カメラと萌えが得意だったのと、単純に趣味ですw」

ああ~、そういう理由なのね。突然、萌えに目覚めてしまって、暴走したというわけではなかったようだ。さて、この「葉月ルナの萌え天気目覚まし時計」はどんなところが魅力なのだろう。

「私は朝はいつも萌えボイスのアプリで起きていたのですが、『天気予報も教えてくれたらいいのに~』という思いで作りました。無料アプリでこれだけの品質にこだわったアプリはまず無いと思います。起きた時に、萌えボイスで時刻と天気予報を教えてくれるのはやっぱり気持ちいいと思いますよ」

開発者が自分で欲しいものを作るのはいいことだ。「ウバ無音カメラ」で培った技術も活かされているのだろうか?

「無音カメラの技術がこのアプリに活かされているということは特にないです。こだわったのはやはり、萌えタッチ部分でしょうか。スカートや胸の部分をタッチした時の動きや服装にこだわりました。あとはキャラクターや動作の豊富さです。時刻や天気予報は文字では無くボイスで伝えるようしました。天候によってしゃべる内容も変わったりします。また、マナーモード時はバイブレーションのみで音が鳴るのを防ぐなど、色々な設定ができるように工夫してます」
葉月ルナの萌え天気目覚まし時計

このアプリの面白さはキャラクターの葉月ルナちゃんがかなりツンツンしている点。胸にタッチすると、「ああ~? どこ触ってるの!!」と顔を赤くしながら、怒られてしまう。また、ミニスカにタッチするとスカートがひらりと舞い上がり、「おい! それはまずくないか? いいけどさ」と言いながら、恥ずかしそうな顔をするのもいい。

それにしても、こんな素晴らしいアプリを広告もなしに無料でリリースして、収益的にはどうするのだろう?

「このアプリに関しては、完全に趣味で作りました。一部有料の部分もありますので、赤字にならなければ良いと考えています。もっとユーザーが増えてくれたらいいなって感じです。英語版ももうすぐ出しますので、英語圏の萌えユーザーも増やす予定です。課金は勉強として実装しました」

英語版のほかにはどんな展開を考えているのだろう。

「今後は、月1のペースでアプリを出していければいいなと思っています。今月は「ウバ無音 壁紙カメラ」をリリースしました。使ったらやみつきになる人もいると思います。ぜひ、使ってみて欲しいです」

なるほど。無音カメラの進化版の「壁紙カメラ」とは面白い。EXドロイドとしては今後ともUvaSoftの動きを見守っていきたい。(東川昌弘)

おすすめサイト