アンドロイド関連ニュース

Googleで発禁処分の「萌えっ娘タッチ」開発者 独自マーケット設立で再起を目指す!!?

当サイトでは以前「アンドロイドマーケットにエロアプリ追放」の嵐が来た!!?」とお伝えしたように、このところセクシー系アプリの削除が相次いでいる。有名なところでは「指で開脚できるアプリ」として一躍有名になった「Flick Girl」をはじめ、ブラの外し方を特訓するアプリ「ポロリ」、最近では「おっぱい系アプリの進化系」として紹介した「萌えタッチ!Premium」など。さらに、全く過激ではないと思われた「吉木りさの時計アプリ」が何故か突然マーケットから消えたことも波紋を広げた。

そんな状況の中、編集部に届いたのが一通のメール。

弊社はAndroidマーケットで萌え系アプリを販売しておりました制作会社ですが、昨年の12月初旬、突然アプリがリジェクトされ、アカウントも削除されてしまいました。突然の事で途方に暮れておりましたが、多くのユーザー様から再度コンテンツの販売を要望する声を頂きまして、独自で販売を行う事に致しました。
萌えっ娘タッチ萌えっ娘タッチ
メールの主はデジキャラワークス。昨年10月、「おっぱいの揺れが半端ないアプリ」として紹介した「萌えっ娘タッチ!!ADVANCE」の開発元ではないか。さっそく話を聞いてみた。

「12月1日、弊社の主力アプリだった『萌えっ娘タッチシリーズが突然マーケットから削除されました。合計で20タイトルをリリースしていましたが、それが一気に消されたかたちです。一番売れていた萌えっ娘ADVANCE SP(300円)は月間約3000ダウンロードありました。シリーズ合計で月に約200万円あった売上を一気に失い、目の前が真っ暗になりました」

Googleからはどのような通告が来たのだろうか?

「無味乾燥な定型文で『コンテンツポリシーとビジネス&プログラムポリシーに違反していると言う内容でした。弊社としてもアダルト系アプリと言う意識はありましたので、表現に気を使っていましたが、最初のアプリを公開してから1年間、何の指摘もなかったので、突然の削除で非常に驚きました」

1年間放置されていていきなり削除というのはずいぶん手荒な対応だ。一体どのような部分が問題とされたのだろう?

「詳しい事は全く書かれていないのでなんとも言えませんが、弊社のコンテンツで言いますと体にタッチするような部分ではないかと思います。単純に胸やお尻が揺れるだけのコンテンツは今でもマーケットに残っていますので。アンドロイドマーケットでは以前は実写のアプリが厳しく規制されていましたが、今度はその波が二次元のコンテンツにまで及んだのではないでしょうか」

アダルトアプリ開発者の間でよく言われるのが、「iPhoneはディズニーランド、アンドロイドは新宿歌舞伎町」という例え。管理の厳しいアップルに比べ、普段はカオスな状態で放置されているアンドロイドマーケットだが、一度目を付けられた開発者はアカウント自体を削除され、その後一切アプリをリリースできなくなってしまう場合もある。デジキャラワークスではこの度、「アンドロイドマーケットに見切りをつけて、独自マーケットでの販売に踏み切った」という。マーケットの名前は「萌え専用マーケット 萌えっ娘タッチ」とのこと。

「Googleの縛りも無くなったことで、本来の萌えやアダルトとしての表現力に力を入れました。これまでの開発経験を活かし、新しい演出やより感情移入が出来る工夫もしています。イラストもオリジナルで描き起こしたり、音声も新たに入れております」

今回の独自マーケットでは、以前アンドロイドマーケットで公開していた作品に加え、新たにオリジナルコンテンツも追加。「さわって!くらいまっくす!」「萌えきゅんマニアックス」「しすたーずタッチ」など、全52本のアプリが公開されている。
萌えっ娘タッチ萌えっ娘タッチ
iPhoneに比べ、表現の自由度の高さがメリットとされていたアンドロイドマーケットだが、ここに来てGoogleの締め付けはかなり厳しくなっているのが実情だ。「萌えっ娘タッチ」のような有名アプリ開発者が公式マーケットに見切りをつけ、独自マーケットを立ち上げる動きはこれからも増えていくのかもしれない。「萌え専用マーケット 萌えっ娘タッチ」がどこまでユーザーに支持されるのか。今後の展開が楽しみだ。(東川昌弘)

››東川 昌弘の記事一覧

東川 昌弘

東川マサヒロ。職業ライター。ジャンルはアイドルとスマホアプリ。原発のせいで東京→福岡に引っ越して1年。家から見る福岡タワーの景色は素敵です。はじめはユルイ作りが気になったローカル放送も最近では楽しく視聴してます。福岡いいところだなあ。月に1,2回の東京出張をしながらぼちぼち暮らしてます。Twitterアカウントは@higashikawamasa

おすすめサイト