アンドロイドアプリレビュー

スマホの音楽再生に革命を起こすアプリ「Cloud Skipper」の実力

今、「スマホの音楽再生に革命をもたらすAndroidアプリ」として大注目を浴びているのが「Cloud Skipper」。直感的な操作でDJのように音源をつなげたり、自由度の高いイコライザで音源を加工することも可能。さらに、お気に入りの音楽はすぐさまソーシャルで共有できることもできる。そんな画期的機能が満載の音楽プレイヤーなのだ。

起動すると、まず美しいグラフィックの再生メニューが現われる。イコライザのメニューには「ヒップホップ」「テクノ」「R&B」など、30種類のジャンルが用意されている。プレイリストの追加や削除も、指先の操作で素早く行うことが可能。アーティストやアルバムといった項目から、スワイプ操作で楽曲にたどり着き、音源を立体化させたり重低音を強調することもできる。それまで聴いていた音楽をまるで別物のように、新鮮なものとして聴くことが可能にするのがこのアプリなのだ。

「Cloud Skipper」はソーシャル連携機能が充実しているのも特筆すべき点。シェアボタンを押すことでTwitterやFacebookに一発で楽曲を投稿できる。Youtubeに飛んでミュージックビデオを再生したり、独自のロックスクリーンメニューで楽曲操作をできる点も、これまでの音楽プレイヤーには無かった機能と言える。マーケットのユーザーレビューを見てみると、

音楽プレーヤーはこれがベスト
シンプルながらツボを抑えていると思う
これはスゴイ!? イコライザ付きで使い勝手良すぎでしょ♪♪

と絶賛の声であふれている。

最近では、DRMフリーの楽曲のみを扱うスマホ向け音楽ストアがオープンするなど、スマートフォンならではの音楽の楽しみ方が注目を集めている。近い将来には個人レベルで音源を加工して楽しむのが当たり前という日も、やってくるかもしれない。

Cloud Skipper」を開発したのはマイクとレドリーという二人のプログラマー。2011年3月にリリースし、既に世界で50万DLを達成している。公式サイトに掲げられた「シンプルかつ最高の音楽プレーヤーを作る」という言葉通り、ユーザーからの意見を取り入れつつ、精力的なアップデートを続けている。
ひょっとしたら、今後の「音楽の聴き方」を変えてしまう潜在能力を持っているかもしれないアプリ「Cloud Skipper」。気になった人はぜひダウンロードしてみてほしい。(EXドロイド編集部)

おすすめサイト