アンドロイドアプリレビュー

お手紙交換アプリ「ふわふわ紙ヒコーキ」で専業主婦との会話に成功した!!!

「ふわふわ飛ぶ紙ヒコーキのように、顔を知らない誰かと手紙を交換出来るアプリ」として登場したのが、Androidアプリ「「ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-」だ。

メッセージを飛行機にのせて飛ばすと、ランダムな相手に届く。相手が気に入ってくれれば、メッセージを返してくれる。当サイトで以前紹介した「ボトルメッセージ」に近いアプリだといえる。
ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-
マーケットの説明文を見てみると、

「これをきっかけに気が合う相手に出会ってラブラブカップルに!なんてこともありえるかも!?」

これは期待が持てる! さっそく、メッセージを送ろう。送る「地域」を選んで、相手を「男性」「女性」の中から選択する。「地域」は東京を選んで、相手はもちろん「女性」だ。そして、「内容を書く」をタップして、メッセージを書く。
ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-
「夜だね。何してるの?」

最初はこのくらい軽いメッセージがいいだろう。しばらく待っていたが、なかなか返事がこないので寝てしまった。朝、起きてビックリ! メッセージが来ているではないか!!

「洗濯機が止まるのをボーっと待ってます」

うおー! 「暇してます」みたいなメッセージじゃないか。しかも、ひとりで洗濯しているということは一人暮らしか? これは我慢してもう少し起きていればよかったなあ~。もうダメかな。とりあえず、メッセージを送ってみよう。

「おはようございます。昨日は返信しなくてごめんなさい。ところで、スマホは何を使ってますか?」

こんなメッセージじゃダメかな…。でも、一応、調査もしておかなくては。するとすぐに

「Androidです。auですよ」

おお~! これはいい反応だ。優しい人なんだな。引き続き、調査、調査。

「このアプリをどうやって見つけたの。友達から聞いた?」
「ふと寂しさを感じた事があって、自分でさがしました」
ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-
ナニ? これは「抱かれたいの」みたいな話じゃないか! 鼻の下がのびてしまう。一人暮らしかどうか確認してみよう。

「東京で一人暮らししてる女性って自立している感じで尊敬します。洗濯機待ってるって言われたので、勝手に一人暮らしだと思いました」
「あー、一人暮らしじゃなくて専業主婦なんです」
ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-
ひ、人妻! う~ん、甘美な響きだ。これは映画くらい楽勝コース? 気持ちはわかるよ的なメッセージでせめてみるか。

「側に居るからこそ、寂しさが増すこともありますよね。僕でよかったら、お話ききますよ」

これで、イチコロではないですか。しばらく、メッセージを待つ。1時間、2時間と空虚な時間が過ぎていく。「ふわふわ紙ヒコーキ」は来たメッセージに返信を出すことでしかやり取りができないので待つしかない。そのうち、来るだろうと思っていたが2日が経過してしまった。ガクッ。感情に触れすぎたのがよくなかったか。イケると思ったのに残念だ。

「ふわふわ紙ヒコーキ-お気軽メッセージ交換アプリ-」は、公開されて間もないためユーザー数は少ないが、女性ユーザーが確実にいることが確認できた。面倒なユーザー登録もなく、紙ヒコーキを投げるだけでメッセージのやり取りが開始できるのがうれしい。また「紙ヒコーキ」というかわいいモチーフを全面に出すことで、女性も気軽にはじめられるのではないだろうか。今後の成長に期待したい。(東川昌弘)

おすすめサイト