アンドロイドアプリレビュー

デートにも接待にも使えると評判のアプリ「すし手帳」の実力

寿司は日本を代表する食べ物だ。新鮮な魚介類のウマさを堪能できるだけではなく、様々な味を楽しめるのも人気の秘密。しかし、寿司を食べ慣れていない人にとって、本格的な寿司屋はハードルが高いのもまた事実。

そこで紹介したいのがAndroidアプリ「すし手帳」だ。このアプリには、トロやブリ、はまち、あじ、エビ、ホタテなど定番の寿司ネタから、まごち、おこぜ、はた、いさきなどの通好みの寿司ネタまで、94貫が収録されている。

またそこには美しい写真と解説が添えられ、魚がさばかれる前の姿も同時に収録。「すし手帳」という名にふさわしい、データ満載のアプリなのだ。

ネタの一覧を表示できるほか、すし名、魚介名別の検索も可能。その時期もっともおいしい寿司ネタが一目でわかる「旬のカレンダー」があるのも注目したいポイント。例えば今の時期は、あまえび、いか、蟹、カレイ、金目鯛、本マグロ、鯖、ヒラメ、フグ、ブリなどのネタが、おいしく食べられるということだ。

ネタ解説の欄をのぞいてみると、例えば、こはだの場合「数ある江戸前のすしダネの総代表。天平時代の733年に編まれた『出雲国風土記』に『近志呂』の字で顔を出すほど、日本人との縁は深く長い」といった解説が加えられている。

このアプリは2008年に発売された同名の書籍「すし手帳」(東京書籍)をアプリ化したもの。アマゾンのカスタマーレビューをチェックしてみると、

「接待時のマストアイテム!板前さんとの会話のきっかけ作りや海外のお客様をお連れする際にも重宝すること間違いなし!」

と絶賛されている。もちろんこのアプリは接待だけではなく、デートの時にも使えるだろう。寿司ネタの詳細なウンチクを身につけておけば、いざというとき彼女の前で必ず役に立ってくれるだろう。美味しそうな寿司の写真を見ていると、なんだか今すぐお寿司屋さんに行きたくなってしまった。(佐々原渉)

post-29770_t

すし手帳

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,電子書籍
価格 ¥250
デベロッパ名 Ea,inc

おすすめサイト