アンドロイドアプリレビュー

リアルすぎるウソ記事で有名な「虚構新聞」専用アプリが登場

虚構新聞は2004年、関西在住のUK氏によってスタートしたWEBサイト。「実際ありそうなウソのニュース」が本格的な文体で書かれており、リアルすぎる内容に騙されるひとが続出している。たとえば医療ジャーナリストの伊藤隼也氏は、昨年9月に配信された同サイトの記事「就職したい企業ランキング1位は 東京電力」を真に受け、次のようにツイートした。

「このアンケートが事実なら日本の大学生は思考停止の馬鹿ばかりという事だな」

そのつぶやきに、Twitterユーザーからは即座に多数の反応が寄せられた。

「伊藤さん、虚構新聞ですよ^^;」
「勿論ジョークだと分かってるんだよね? 」
「これ、『虚構新聞』(ギャグで有名な一般人のサイト)ですよ^^;」

伊藤氏は「分かっていますよ(笑)」と反論。しかしその後も「秀逸なギャグですが、真実に迫っていると思う」「こういう現象が興味深い。本質を見る目は大事だな」と、言い訳めいたツイートをくり返したことが注目を集めた。

有名ジャーナリストさえも手玉にとってしまう「虚構新聞」。他にも、「ツイッターの文字数が17文字以下に制限される」、「フォロワー数300人以下は強制退会させられる」などの記事が掲載された際には、Twitter上で拡散し、騙されたユーザーも多かったという。

その虚構新聞を読むための専用ビューワーがAndroidマーケットでリリースされた。無料アプリ「虚構新聞どろいど」は、これまで掲載された同サイト のすべての記事が閲覧可能。起動すると「ヘッドライン」「社会」「スポーツ」「政治」「経済」「国際」など9つの項目が並び、その先へ飛ぶと、同サイトの記事がスマホならではのサクサク感で読むことができる。


せっかくなので、最近の興味ぶかい見出しを拾ってみよう。

「TPP参加、最終決断はじゃんけんで」 野田首相
「ユッケ、よく焼いて食べて」 消費者庁呼びかけ
「炊き上がりなう」 アンドロイド搭載炊飯器が登場
石原新党、名称は「新党・太陽の季節」
いま「豊胸男子」が増加中 Fカップ会社員

虚構新聞が優れているのは、話題になったリアルなニュースを独特のねじれたユーモアで脚色してしまうこと。そこには将来起こるかもしれない出来事や、みんなが「そうであったら面白いのに」という希望的な予測も含まれている。そんな訳で、よく出来たフィクションを読むように、このアプ リを使って「虚構の世界」を楽しんでみてはいかがだろう。(佐々原渉)

post-29598_t

虚構新聞どろいど

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ニュース
価格 無料
デベロッパ名 sauza-sk

おすすめサイト