アンドロイド関連ニュース

100円ショップで買える「スマホの非常用バッテリー」購入ガイド

スマートフォンは便利だ。外出先で調べ物ができたり、様々なアプリの使用により仕事の効率性を高めてくれる。しかしスマホ唯一の欠点をあげるとすれば、バッテリーの寿命が著しく短い点である。

その対策として以前エックスドロイドでは「究極のスマホ充電対策!!! 最強のモバブー購入ガイド」として紹介した。お金さえ払えばバッテリー問題は解決する。しかしそれらは安くても3千円ほどかかってしまう。もっと安くお手軽に入手する方法はないものだろうか?

というわけで、やって来たのは都内の100円ショップ。あまり知られていない事実だが、100円ショップにはケータイの周辺機器が豊富にそろえられている。さっそく筆者の使用するGalaxy Sに対応する「USB充電バッテリー」と「USBケーブル」を探してみる。

ここで注意しなくてはいけないのが、自分のスマホに合った「USBケーブル」を購入すること。充電バッテリー側への接続は問題ないが、スマホ側の端子は複数の種類があるので、適合するかどうかよく確かめて購入しよう。

筆者の場合、どのケーブルがいいか店員さんに訊いてみた。店員はとても親切に、その場でケーブルの入った袋を開封して筆者のスマホにつなげてくれた。「問題ないみたいですね。これをバッテリーにつなげば充電できます」と言って、彼は商品を渡してくれた。

あと、忘れてはいけないのが乾電池。購入したバッテリーボックスは単四電池を4本使用となっていて、それも合わせて購入。値段は全部で400円。電池が200円で「USBケーブル」と「バッテリーボックス」はそれぞれ100円で手に入れた。

帰宅して、すぐに使えるかどうか確認してみる。袋から出して電池を入れケーブルにつなぐ。すると、スマホ画面の右上に充電中の表示が出た。わずか400円の格安モバブーでも正常に充電できるのだ。説明書によると電池さえ交換すれば何度でも使用可能とある。

先日「東京に大地震が起こる確率は4年以内に70%」という発表があったばかりだが、震災時にもっとも活躍してくれそうなのが、スマートフォンをはじめとするケータイ機器ではないだろうか。スマホはネットからの情報入手も速いうえ、アプリを使った安否確認も可能だ。近いうちに必ず襲ってくる震災への備えとして、安価なモバイルバッテリーの購入を、ぜひオススメしたい。(佐々原渉)

››佐々原 聡の記事一覧

佐々原 聡

出版社(制作部)に勤めながら、ときどきライターやってます。原発問題が落ちついて、いまは冷静にニュースを見られるようになりました。でも、もう原発はこりごりです。Twitterアカウントは @akira2047

おすすめサイト