アンドロイド関連ニュース

超有名iPhoneアプリ「Instagram」のニセ物がアンドロイドマーケットに登場

昨年末からアンドロイド版の登場が噂されていたInstagramの偽アプリが Androidマーケットに登場し、大騒動に発展している。APP FOR ANDROIDと名乗る開発者によって公開された偽Instagramは、見た目は本家Instagramとそっくりだが、全くのニセモノ。この記事の掲載時点で未だにマーケットに掲載されており、検索すれば出てくるが決してインストールしないようにお願いしたい。

公開からまだ24時間以内と思われるこの偽Instagramは、不思議なことに1600件近くの評価がつき、平均評価は4.6という高評価。しかし、それはアプリを起動し写真フィルタを使用しようとすると、5つ星の評価を強制されるのが原因と見られている。英語版のレビューをのぞいてみると、

まったくのニセモノ。5つ星をつけたけど何もおこらない
5つ星を強制するなんてありえない!
端末内部の写真を勝手にfacebookにアップしようとする
評価したところで何もまともに動かない。見た目も安っぽくてプロの仕業とは思えない。ステータスバーに妙なポップアップが表示されるのでアンインストールした

といったコメントが書きこまれている。アンドロイドマーケットに有名アプリの偽物が登場するのは珍しいことではないが、Instagramといえば今年1月6日にはバラク・オバマ大統領も使い始めたという超有名iPhoneアプリだけに、今回の事態は衝撃的だ。さらに、Googleはアンドロイドマーケットのアプリの安全性を自動的にチェックする「Bouncer」という機能の実装を2月2日に発表。「すでに動作中」とのことだったが、その信頼性をあっさり打ち破る事態が発生したとも言える。

現在のところInstagramから今回の騒動に関するコメントは一切発表されていない。また、公式ツイッターアカウントには「スーパーボウルに向けて準備万端!」とのつぶやきが残されたのが最後になっている。(エックスドロイド編集部)

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト