アンドロイドアプリレビュー

ご近所さんと出会えるアプリ「Eyeland」 待望のAndroid版が登場

iPhoneで20万ダウンロードを突破し、Appストアでランキング1位にもなった人気のチャットアプリ「Eyeland(アイランド)」をご存じだろうか?ユーザーの位置情報が表示されるのが最大の特徴で、ご近所の人と楽しくチャットができる。先月、ついに待望となるAndroid版が登場したので試してみた。

登録に必要となるのは、アカウント名、パスワード、性別、年齢とシンプル。個人情報を入力する必要がなく、メアドも不要なので安心して使える。GPSによって位置情報がマップ上に表示されるが、プライバシーに配慮して位置情報にあえて誤差を持たせる(数百メートル)仕様になっているので、住所が特定される心配はない。
早速、使ってみたところ、ほかの出会い系ツールより健全で使いやすく、リアルに交際できそうな雰囲気が感じられる。女性のプロフィールには趣味だけでなく、「今年から○○で働いています」と職場まで細かく書いている人や、「株取引や資産運用に関心あり。教えてくれる人、大歓迎」、「カカオトークやってます」など、一種のSNS的な雰囲気もある。

最初はプロフィールに書かれた情報や、近所の話題から話しかけるのが基本。ご近所に顔なじみが増えてくると、ログインしたことがマップ上からわかるので、話し相手を作りやすい。出会い系サイトのように、仲良くなったのに遠方過ぎて会えないという悩みとは無縁だ。
その反面、すでにiPhoneで人気が定着していることもあり、ユーザーが殺到している問題がある。時間帯によっては、女性1人に対して男性10人という比率になることも。しかし、これはサクラやネカマが少ない証拠でもある。あきらめずに挨拶し続けてみよう。

現状ではまだまだユーザー数が少なく、都市部には人が多いが、地方は閑散としているのが現状だ。しかし今後、さらにスマホが普及していくことを考えると、興味のある人は早いうちから始めておくと良さそうだ。
Eyelandは健全なチャットツールとして使っているユーザーが集まっているところが最大の魅力だ。サクラやネカマなどの出会い系の問題を払拭した、スマホならではの出会いの場として活用してみたい。(EXドロイド編集部)

おすすめサイト